FC2カウンター FPGAの部屋 Spartan-3A Starter KitでEDKを使ってカメラ表示28(ソフトでカメラを制御)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Spartan-3A Starter KitでEDKを使ってカメラ表示28(ソフトでカメラを制御)

Alteraをやってみようとしたのだが、訳あってこっちを先にやってみることにした。

前回、”Spartan-3A Starter KitでEDKを使ってカメラ表示27(独自にタイマーのカスタムIPを作る2)”でSimple MicroBlaze用のタイマーを組み込んだら、うまく動作したので、SDKを立ち上げて、camera_controlプロジェクトを作成して、camera_control.cを作成した。このソフトウェアは、ロータリー・エンコーダを使用して、カメラのレジスタ設定を変更して、カメラのモードを変更するためのものだ。LCDにはそのステータスが表示される。これは、”The Simple MicroBlaze Microcontroller 19 (SCCB設定レジスタを設定できたが...)”で実装したCプログラムのアドレスや関数を一部変更して使用している。
Spa3A_SKit_OV7670_120_111020.png

そうすると、LCDの表示は問題なかった(つまり、smm_timerは正常動作)のだが、ロータリー・エンコーダを回しても表示が動かなかった。ロータリー・エンコーダのセンタースイッチは動作するので、左右に回す時がおかしいようだった。試しにFPGA Editorで見てみたが、rot_a, rot_bには正常に入力ピンがあったし、入力用FFに配線されていたので、問題ないようだった。

これはデバックをする必要があるが、BSCANユニットの関係でChipScope Pro Inserterは入れられない。それでは、XPSからChipScope Proを入れてみたい。ということで新シリーズスタートの予定。BRAMの残りが1個のみというのが痛い。

次は、Alteraに戻るつもりだ。
  1. 2011年10月20日 05:41 |
  2. EDK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1940-088cf8cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)