FC2カウンター FPGAの部屋 Altium Designerでのライブラリ検索、ライブラリ追加方法
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Altium Designerでのライブラリ検索、ライブラリ追加方法

Altium Designerではデフォルトの状態では、ライブラリがあまり入っていないようだ。
ちなみにAltium Designerの日本語環境についてはここを参照

Altium Designerプロジェクトを作成してライブラリを登録してみたいと思う。

1.Altium Designerのライブラリですが、Altium Designer Summer 09のようだが、Altium Designer Summer 09 Integrated Library Component Searchページから検索できるようです。
Spartan-3A Starter KitのFPGAのxc3s700a-4fg484を検索してみた。
Altium_Designer_26_111206.png

(まずい、Chromeの画面をはると、けいおんのテンプレを使っているのがバレてしまう。。。見なかったことにしてください。。。)

2.2つのエントリが出てくる。commercialとindustryだ。どちらもXilinx Spartan-3A.IntLib に入っているようなので、Downloadをクリックしてダウンロードした。

3.ダウンロードされてきたのは、Xilinx_280709.zipというZIPファイルだった。この中身を見ると、Xilinx Spartan-3A.IntLib を含めたくさんのXilinx用のライブラリが入っていた。この中には、Spartan-6、Virtex-6は無かった。
Altium_Designer_27_111206.png

4.Altium Desiger Release 10のライブラリフォルダは、\Documents and Settings\All Users\Documents\Altium\AD 10\Library にある。そこを開くと、すでにXilinxフォルダがあった。
Altium_Designer_28_111206.png

5.Xilinxフォルダの中には、Xilinx Spartan-3AN.IntLibがすでに入っていた。ここに、3.のXilinx Spartan-3A.IntLibをコピーした。
Altium_Designer_29_111206.png

次に、Altium Designerを起動して、ライブラリを追加する。

6.Altium Designerを起動し、ファイルメニュー -> 新規 -> プロジェクト -> PCBプロジェクトを選択して、PCBの新規プロジェクトを作成する。
Altium_Designer_30_111206.png

7.右のライブラリタブ(ピンクの四角)をクリックして、ライブラリ・ウインドウを表示する。次にライブラリ・ウインドウのライブラリ...ボタン(赤い四角)をクリックする。
Altium_Designer_31_111206.png

8.利用可能ライブラリが開く。導入済みタブをクリックすると、導入済みのライブラリが開く(当たり前か?)。こんな感じで入っている。
Altium_Designer_32_111206.png

9.今回はプロジェクト限定で使うために、プロジェクト内タブをクリックする。下のライブラリ追加...ボタンをクリックする。

10.ファイルを開くダイアログで、5.でコピーしたXilinx Spartan-3A.IntLibを選択した。
Altium_Designer_33_111206.png

11.閉じるをクリックして、ダイアログを閉じる。これで、Xilinx Spartan-3A.IntLibが使えるようになった。
Altium_Designer_34_111206.png

12.ファイルメニュー -> 新規 -> 回路図を選択して、回路図ファイルを新規作成する。

これから、

13.配置メニュー -> パーツ(P)...を選択する。

14.パーツの配置ダイアログが表示される。選択ボタンをクリックする。
Altium_Designer_35_111206.png

14.ブラウズ ライブラリが表示された。XC3S50A-4FT256Cを選択し、下を展開すると、Part AからPart Iまでのパートにわかれていた。このうち、Part Aを選択して、OKボタンをクリックした。
Altium_Designer_36_111206.png

15.パーツの配置ダイアログに、XC3S50A-4FT256CのPart Aが表示された。
Altium_Designer_37_111206.png

16.OKボタンをクリックすると、XC3S50A-4FT256CのBANK0が回路図に配置できた。
Altium_Designer_38_111206.png

今回はこれで終了とする。

# これで、74HC4518などの74シリーズも、同様にライブラリを追加することで回路図が書けることだろう。ただし、LB-602AK2はライブラリに見つからなかったので、自分でライブラリを作る必要があるかもしれない。汎用7セグメントLEDライブラリがあれば、どうせ回路図だけなので、ピン配置を変えてそれを使うとか?
  1. 2011年12月06日 05:58 |
  2. Altium Designer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1991-7fee18d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)