FC2カウンター FPGAの部屋 Altium Designerでライブラリのパーツを作成する2
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Altium Designerでライブラリのパーツを作成する2

Altium Designerでライブラリのパーツを作成する1”の続き。

次は、回路図コンポーネントを書く。

14.配置メニューからラインを選択する。
Altium_Designer_50_111216.png

15.カーソルが十字カーソルになる。TABキーを押すと連続ライン・ダイアログが出てくる。色を決定する部分(ピンクの四角で囲った部分)をクリックする。
Altium_Designer_51_111216.png

16.色選択・ダイアログで229番をクリックして、OKボタンをクリックする。
Altium_Designer_52_111216.png

17.連続ライン・ダイアログの色が青になった。
Altium_Designer_53_111216.png

18.これで線を引けるようになったので、線を引く。クリックすると線が引けて、もう一度クリックするとそこまでの線が確定する。その後続けて線を引こうとするので、マウスの右クリック、またはESCキーでブレークする。
Altium_Designer_54_111216.png

19.トランジスタの斜めの線を引こうとしても引けない。クリックしてラインを引いている最中にShiftキー+Spaceキーを押すと斜め線が書けるモードに移行する。
Altium_Designer_55_111216.png

20.次にエミッタの矢印の書き方だ。これは19.の斜め線を書いているモードで、TABキーを押す。連続ライン・ダイアログが出てくるので、終点形状からSolidArrowを選択する。
Altium_Designer_56_111216.png

21.連続ライン・ダイアログの終点形状がSolidArrowに変更された。
Altium_Designer_57_111216.png

22.OKボタンをクリックして連続ライン・ダイアログを終了させて、ラインを書いた。
Altium_Designer_58_111216.png

これでトランジスタの形状が書けた。

23.”Altium Designerでライブラリのパーツを作成する1”の11.ライブラリエディタ ワークスペース・ダイアログのコメント/デジグネータ表示にチェックを入れないほうが良いようだ。このチェックを外すと2つの*が消えた。
Altium_Designer_59_111216.png


なお、ライン描画モードで、原点から遠くはなれてしまった場合は、CTRL+Homeキーを押すと原点に戻る。

24.ファイルメニューから保存で保存した。
Altium_Designer_60_111216.png
  1. 2011年12月16日 05:42 |
  2. Altium Designer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1998-c582a964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)