FC2カウンター FPGAの部屋 Altium Designer の回路シミュレーション
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Altium Designer の回路シミュレーション

Alitum Designer で回路シミュレーションをやってみた。前回、Exampleでやってみたことはあったが自分で作った回路で回路シミュレーションをするのは初めてだ。

回路シミュレーション解析の 設定と実行”チュートリアルを参考にした。

今回、PCB設計で書いた回路はSIMモデルが入っているので、SIMモデルを追加しなくてもシミュレーションが出来る。

・SIMモデルは、トランジスタをダブルクリックして、Properties for Schmatic Component in Sheetダイアログを表示して、その右下のModels の一番下にある。
Altium_Designer_208_120119.png

・SIMモデルをダブルクリックすると、Sim Modelダイアログが開く。Model Location はUse SIM model form component library Miscellaneous Devices.IntLib になっている。統合ライブラリのSIMモデルを参照しているようだ。
Altium_Designer_209_120119.png

・回路図に+12V電源を追加した。
Altium_Designer_210_120119.png

・+12V電源を追加するやり方は、右のライブラリ・タブをクリックして、ライブラリ・ウインドウを出してSearchボタンをクリックする。
Altium_Designer_211_120119.png

・ライブラリ検索ダイアログで、フィールドはName、オペレータはcontains、値をVSRCで検索したら見つかった。
Altium_Designer_212_120119.png

・Place VSRCボタンをクリックして、回路図に配置した。

・VSRCをダブルクリックして、Properties for Schmatic Component in Sheetダイアログを表示してDesignatorにV1、Valueに12Vを入力した。
Altium_Designer_213_120119.png

・VSRCに配線をつないで、+12VとGNDのネットラベルを付けた。

次は、回路シミュレーションを行う。

・デザインメニューからシミュレーション -> Mixed Sim を選択する。

・解析設定ダイアログで解析シグナルに4つの信号を入れた。波形を表示するのは、Transient Analysisだ。Transient Analysisをクリックする。
Altium_Designer_214_120119.png

・ここでシミュレーション時間やシミュレーションのステップ時間を設定する。最初設定されていた値だと、マルチバイブレータにはシミュレーション時間が足りないし、ステップ時間が細かすぎるので、下図のように設定をやり直した。
Altium_Designer_215_120119.png

・OKボタンをクリックするとシミュレーションが開始される。

・シミュレーション結果を下に示す。綺麗なマルチバイブレータのベース波形とコレクタ波形が見えた。
Altium_Designer_216_120119.png

・上図でnet1_1 の波形を見ると3.8msec で立ち上がって6.2msec でまた、立ち上がっている。つまり、周期は、6.2msec - 3.8msec = 2.6msecとなる。周波数は、1/2.6msec ≒ 384.6Hzとなることがわかった。
  1. 2012年01月19日 05:00 |
  2. Altium Designer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2040-01faa09a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)