FC2カウンター FPGAの部屋 StateCADの使い方3
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

StateCADの使い方3

きのうはもう書くのが疲れてしまって、尻切れトンボ気味になってしまった。
出てきたVHDLコードを見るとあまり人間が作ったようではない。説明のためにランダムロジックを使った例にしてしまったので、わかりにくいコードが出てしまったのかも。普段はもっと自分で書いたようなコードが大体は出てくる。
私はエクスプローラーの"ツール”の”フォルダ オプション”の”ファイルの種類”タブからStateCADのEXE(sc.exe)を登録して****.diaをダブルクリックするとStateCADが起動するようにしている。sc.exeは、Webpackのインストールディレクトリ\bin\ntのディレクトリの中にある。
ファイル名の8文字までがネックだがこれは一度作って、エクスプローラーから名前を変更すればOKだ。ダブルクリックすれば起動できる。
今やってみたが、文字数を変えるとアプリケーションエラーで落ちることもあるようだ。一応、VHDLファイルは出力できているようだが。。。
StateCADはほかの論理回路(カウンタやマルチプレクサなど)を一緒に組み込むのも制約があるし、やはりステートマシンだけを書けばよいときに便利だと思う。
NIのステートマシンも結構これで書いてある。PCIのターゲットやマスタのステートマシンとか。
PCIのところで示した下の図とかはそうだ。
http://blog-imgs-29.fc2.com/m/a/r/marsee101/PCI_traget_access_060106.png
日本語は使えないが、後で見て見やすいのが利点だ。見やすい範囲のステート数ならば。。。
そういえばステートの色の変え方を説明していなかった。
ステートの色の変え方は、まずは色を変えるステートを選択して、左のツールバーの下の列の上から二番目のアイコン(Fill Color)をクリックすると、下にハイドされていた色が出てくる。そこで変えたい色をクリックする。
StateCAD_17_060425.png


濃い色にしてしまうと字が見えなくなるので、字の色も変えられる。
StateCAD_18_060425.png

  1. 2006年04月26日 09:08 |
  2. StateCADの使い方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/206-af61f716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)