FC2カウンター FPGAの部屋 Alitum でHardware Software Co-designのサンプルをやってみた
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Alitum でHardware Software Co-designのサンプルをやってみた

今回は、NB3000 CHC Graphics というサンプルをやってみた。これは、プロセッサ・システムでどうやらCの同じようなプログラムをソフトウェアとハードウェアで実行して、その速度差を比べるサンプルだった。
実際にはNB3000の液晶ディスプレイに線や円を書いて、ソフトウェアとハードウェアでの速度差をソフト端末に表示する。

下に示すようにCプログラムのmain関数はsw_plot() 関数とhw_plot() 関数が両方書かれている。
Altium_Designer_C2H_22_120428.png

sw_line(), hw_line(), sw_circle(), hw_circle() もあった。これをインプリメントして、FPGAにダウンロードした。
・SOFT_TERMINAL をダブルクリックしてソフト端末を起動した。
・MCU TSK3000Aの下のCompile ボタンをクリックしてコンパイルする。
・その下のUp to Data Download ボタンでFPGAにダウンロードした。
Altium_Designer_C2H_21_120428.png

そうすると、SW lineとHW line、SW circleとHW circle の速度差がソフト端末に表示された。lineは16.4倍、circleは 7.75倍ハードウェアの方が早い。でもplotは殆ど変わらない。ソフト端末に表示されたメッセージを下に貼る。

CHC Performance Test, file main.c, compiled on Apr 28 2012

Running Tests:
--------------
- SW plot (pixels)
- HW plot (pixels)
- SW lines
- HW lines
- SW circles
- HW circles

Results
-------

SW plot = 5529600 cycles
HW plot = 5344977 cycles
Performance gain = 3%

SW line = 43425358 cycles
HW line = 2493835 cycles
Performance gain = 1641%

SW circle = 513557 cycles
HW circle = 63216 cycles
Performance gain = 712%


液晶ディスプレイにはこんな感じで表示される。
Altium_Designer_C2H_23_120428.png

Altium Designer ではHardware Software Co-designもできることがわかった。
  1. 2012年04月28日 21:17 |
  2. Altium Designer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2126-1a695c0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)