FC2カウンター FPGAの部屋 Zynq-7000(ZC702)のチュートリアルをやってみた1(PlanAheadプロジェクト、XPS)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Zynq-7000(ZC702)のチュートリアルをやってみた1(PlanAheadプロジェクト、XPS)

Zynq-7000シリーズのxc7z020clg484-1を使用したZC702ボードを残念ながら持ってはいないのだが、チュートリアルの”Zynq-7000 EPP Concepts, Tools, and Techniques A Hands-On Guide to Effective Embedded System Design UG873 (v14.1) May 31, 2012”を見つけたので、実機で試す部分を抜いて、やってみることにした。Zynq-7000の雰囲気だけでも味わってみようという企画だ。ISE14.1を使用しているが、確かISE14.1 WebPACKでも実行可能だと思う。
それでは、ZC702ボードのPlanAheadプロジェクトを作るところから始めよう。

・PlanAheadを立ちあげて、Create New Project をクリックし、New Projectウィザードを立ち上げる。
ZC702_1_120621.png

・Project name はZC702_example とした。Project location を設定した。
ZC702_2_120621.png

・Project Type はRTL Project を選択した。
ZC702_3_120621.png

・FPGAチップかボードを選択する。Specify でBoards を選択し、Family からZynq-7000 を選択すると、今のところ選択できるのは、ZC702 Evaluation Board のみだ。
ZC702_4_120621.png

・New Project Summary が出て、Finishボタンをクリックした。
ZC702_5_120621.png

・PlanAheadのプロジェクトが出来上がって、PlanAheadが立ち上がった。
ZC702_6_120621.png

・Project Manager のSourcesウインドウで右クリックメニューからAdd Sources... を選択する。
ZC702_7_120621.png

・Add or Create Embedded Sourcesを選択した。
ZC702_8_120621.png

・Create Sub-Design をクリックした。
ZC702_9_120621.png

・Module name にsystem と入力した。
ZC702_10_120621.png

・system.xmp がエントリに入った。Finishボタンをクリックした。
ZC702_11_120621.png

・XPSが立ち上がって、Platform Studio のダイアログが出た。Processing System7 をシステムに加えるか?と聞いてきたので、Yesボタンをクリックした。
ZC702_12_120621.png

・XPSが立ち上がった。Bus Interface タブをクリックすると、Processing System7が入っているのがわかる。
ZC702_13_120621.png

・Zynq タブをクリックすると、Processing System(PS) のブロック図が見えた。
ZC702_14_120621.png

Zynq-7000(ZC702)のチュートリアルをやってみた2(XPS、SDK)”に続く。

  1. 2012年06月21日 05:31 |
  2. Zynq
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2178-07297f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)