FC2カウンター FPGAの部屋 AXI4バスに接続するビットマップ・ディスプレイ・コントローラの作製1(仕様)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

AXI4バスに接続するビットマップ・ディスプレイ・コントローラの作製1(仕様)

Atlysボードを使用して、AXI4バスに接続するビットマップ・ディスプレイ・コントローラ (BDC) を作製しようと思う。BDCはDDR2 SDRAMから画像のピクセルデータを適宜読んできて、HDMI端子にDVI信号を出力する回路だ。(2012/06/27:下図と説明文を書き換えた)
Spartan-3A Starter Kit などでカメラをディスプレイに表示する回路を作成してきたが、そのディスプレイに表示する部分を作成しようと思う。
具体的な回路ブロックを下に示す。
BitMapDispCont_1_120626.png

青の太い線の四角い箱のAXI Master Interface、bitmap_disp_engine、bitmap_disp_engineDVI信号変換回路などで構成される。bitmap_disp_engineの中には、非同期FIFO、ビクセルデータ管理モジュール、水平カウンタ、垂直カウンタで構成される。非同期FIFOはコア・ジェネレータで生成させた別モジュールとする。
水平カウンタ、垂直カウンタはすでにご存知のように、ピクセルデータの横縦位置のカウントをするカウンタだ。
ピクセルデータ管理モジュールは、非同期FIFOに画像のピクセルデータが無くならないようにAXI Master IPを駆動して、DDR2 SDRAMに保存してあるピクセルデータをReadする。
DVI信号変換回路は、”キャラクタ・ディスプレイ・コントローラをAXI4スレーブにする”の回路を流用して改造することにする。
ピクセルデータはRGB各8ビットずつの24ビットとするが、リザーブビットを含めて32ビットとする。
BitMapDispCont_2_120626.png

AXI Master IPのAXI4バスのバス幅は64ビットにしようと思っている。これは、非同期FIFOに頻繁にReadするのを防ぐためと、SXGAに対応するためだ。
  1. 2012年06月26日 05:35 |
  2. AXI4 Master IPの作製
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2184-a8fded3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)