FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado 2012.2
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado 2012.2

昨日、ISE14.2が出ていたのでインストールした。Vivado 2012.2 も一緒にインストールされた。今回はVivado を立ち上げたら普通に立ち上がった。
Vivado_1_120727.png

Open Example Project からBFT core を選んでプロジェクトを開いた。プロジェクトを他の所にセーブする仮定があったが、プロジェクトが開いたところを下に示す。
Vivado_2_120727.png

PlanAheadとあまり変わらない感じがするが、制約ファイルのbft_full.xdc を開けてみると、Altera社のTimeQuest で見慣れたSDC記述だった。やっぱりVivado なんだね。
Vivado_3_120727.png

RTL Analysis でSchematic をクリックして回路図を表示してみた。この辺はPlanAhead14.1とあまり変わらない気がする。(”PlanAhead14.1のExampleのBFT Core を試してみた1(RTL Analysis)”参照)
Vivado_4_120727.png

Synthesis をやってみたところライセンスが無いと言われてしまった。ライセンスの問題を解決してビットストリームの生成まで出来た。でも、シミュレーションは私のWindows XPでは初期化次にエラーになってしまった。(ダイアログが出た)Windwos7 64ビット版ではシミュレーションが出来た。シミュレータはVivado にビルトインされていた。
Vivado のビットストリームの生成が完了した画面を下に示す。
Vivado_5_120727.png

  1. 2012年07月27日 05:22 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

Synthesisのライセンスに関して

はじめまして。Synthesisのライセンスの件で教えてください。
7シリーズのライセンスはどこで入手されましたか?
ザイリンクスのProduct Licensingで生成できるか確認すると
ラインアップには存在していなかったので・・・・
お手数ですが教えてください。
  1. 2012/09/28(金) 16:01:15 |
  2. URL |
  3. FT #-
  4. [ 編集 ]

VivadoはまだWebPACKでは使えません。ライセンスを購入する必要があります。
  1. 2012/09/28(金) 17:19:50 |
  2. URL |
  3. marsee #f1oWVgn2
  4. [ 編集 ]

言葉足らずで申し訳ございません。Vivado自体のライセンスはあります。
ツールのRevは2012.2です。
質問での"ライセンス"の意味は、Synthesis実行するとエラーとなり、
FPGA 7シリーズのライセンスを要求される下記のエラーメッセージが出力されます。
[Common 17-308] A valid license was not found for feature 'Synthesis' targeting device 'xc7****** Please run Xilinx License Manager」

このページの管理人様は、ライセンスの問題を解決されたようですので、ぜひとも解決策を教えて頂きたいです。
  1. 2012/10/01(月) 09:45:17 |
  2. URL |
  3. FT #-
  4. [ 編集 ]

何をしたか忘れてしまいました。多分、ライセンスが古かったので、今年もらった新しいライセンスを入れたような気がします。
  1. 2012/10/01(月) 10:05:59 |
  2. URL |
  3. marsee #f1oWVgn2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2210-8f1870ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)