FC2カウンター FPGAの部屋 東京美術館で「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」を見てきました
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

東京美術館で「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」を見てきました

私は8月9日から8月20日まで、お休みです。お盆休みと有給をつなげています。
今日は、上の娘が仙台から昨日帰ってきたので、上野の東京美術館で「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」を見てきました。
フェルメール「真珠の耳飾りの少女」を見てきましたよ。案外大きさが小さかったです。この絵の前だけは、20分くくらい並んで、立ち止まらずに進んでください状態だったので、じっくり見えませんでしたが、良い感じでしたよ。
他にも当時の貴族の肖像画などが並んでました。やはりレンブラントはとっても絵がうまいと感じました。レンブラントも良いですね。
私は印象派の絵が好きです。昔々、大学生の頃、選択で取った授業、芸術学だっけかな?そのレポートのためにルノアール展を見に行ったのですが、とっても良かったです。ほんとに良かったです。少し離れてみたほうが雰囲気があって良かったです。
見終わったら、東京美術館のレストランでミックスフライを食べたんですが、味は好みはあると思いますが、インカ展の国立博物館のほうがメニューも良かったと思いました。
  1. 2012年08月10日 21:14 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2223-17fa4f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)