FC2カウンター FPGAの部屋 ビットマップ・ディスプレイ・コントローラの作製17(動き出した)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ビットマップ・ディスプレイ・コントローラの作製17(動き出した)

ビットマップ・ディスプレイ・コントローラの作製16(全体シミュレーション)”の続き。

MCBにキャリブレーションが終了せずに(cal_doneが0) だいぶ苦労してしまった。今までの自分でaxi_s6_ddrx IP (DDR2 SDRAM Controller) を入れて作ったXPSプロジェクト入りのPlanAheadプロジェクトを使ってきたが、どうもaxi_s6_ddrx IP が動かない。そこで違うプロジェクトで確かめてみることにした。それは、”AtlysボードでXPSプロジェクトを試す1(XPSのプロジェクト作成、インプリメント)”で作成してあったXPSプロジェクト入りのISEプロジェクトをISE14.2に変換し、ビットマップ・ディスプレイ・コントローラを入れて使用することにした。下にそのプロジェクトを示す。
BitMapDispCont_117_120818.png

これだと初めからaxi_s6_ddrxのキャリブレーションが終了して、MCBが動作した。ピクセルクロックをつなぎ忘れもしたが、それは修正した。ChipScopeで確認すると、ビットマップ・ディスプレイ・コントローラは動作しているようだった。
BitMapDispCont_118_120818.png

ディスプレイに表示してみたが、まだ表示がおかしいようだ。
BitMapDispCont_119_120818.jpg

ちらついている。DDR2のReadデータとビットマップ・ディスプレイ・コントローラの同期がおかしいのかもしれない。
次回は、現在動作したXPSプロジェクトをPlanAhead にインポートして動くかどうか?を調べてみる。なぜ、自分でAdd IPしたaxi_s6_ddrxが動作しないのか?を調べてみようと思う。
  1. 2012年08月18日 04:47 |
  2. AXI4 Master IPの作製
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2227-3e3e6079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)