FC2カウンター FPGAの部屋 WebPACK14.2でZedBoardのPS & PLチュートリアルをやってみた4(インプリメント)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

WebPACK14.2でZedBoardのPS & PLチュートリアルをやってみた4(インプリメント)

WebPACK14.2でZedBoardのPS & PLチュートリアルをやってみた3(IPの設定)”の続き。

(注)ChipScope Voucherが来てライセンスをもらう時には、Disk Serial Number でもらう必要がある。Ethernet MACアドレスで貰うとChipScopeのライセンスが入ってなかった。

今回はPlanAheadプロジェクトに戻って、論理合成、インプリメントを行う。

72.PlanAheadでトップファイルを作成する。Sources ウインドウでsystem.xmp を選択し、右クリックメニューからCreate Top HDL をクリックした。
ZedBoard_PSPL_44_120908.png

73.system_stub.v が生成され、トップファイルとなった。

74.今度は制約ファイルを生成する。Sources ウインドウで右クリックメニューからAdd Sources を選択する。
ZedBoard_PSPL_45_120908.png

75.Add Sources ダイアログが開いた。Add or Create Constraints のラジオボタンを選択する。
ZedBoard_PSPL_46_120908.png

76.ダイアログでCreate File... ボタンをクリックした。
ZedBoard_PSPL_47_120908.png

77.Create constraints file ダイアログでFile name をsystem に変更した。
ZedBoard_PSPL_48_120908.png

78.ダイアログにsystem.ucf が入っているのが見える。Finish ボタンをクリックした。
ZedBoard_PSPL_49_120908.png

79.PlanAhead Project Manager のSources ウインドウにsystem.ucf が入った。
ZedBoard_PSPL_50_120908.png

80.下の制約を書いた。(チュートリアルから転載)

# Connect to Push Button "BTNU"
NET axi_gpio_0_GPIO_IO_pin IOSTANDARD=LVCMOS25 | LOC=T18;
# Connect to Push Button "BTNR"
NET processing_system7_0_GPIO_pin IOSTANDARD=LVCMOS25 | LOC=R18;


“axi_gpio_0_IO_pin”は、PLのT18ピンに配置する。そこにはBTNUプッシュポタンスイッチが接続されている。
“processing_system7_0 GPIO pin”は、PSのFR18ピンに配置する。そこにはBTNRプッシュポタンスイッチが接続されている。

81.制約をセーブした。
ZedBoard_PSPL_52_120908.png

82.PlanAhead のFlow Navigator でBitstream generation completes の下のGenerate Bitstream をクリックして、論理合成、インプリメントを行った。

83.ダイアログが出るので、Yesボタンをクリックした。
ZedBoard_PSPL_53_120908.png

84.論理合成後にCritical warning が出たが無視する。
ZedBoard_PSPL_54_120908.png

85.ビットストリーム生成まで終了した。PLのリソースはほとんど使用していない。
ZedBoard_PSPL_55_120908.png

86.デバイス表示。PSの領域は案外小さいのかも、PLの方が圧倒的に本当に大きいのか?実際のチップではどうなんだろうか?
ZedBoard_PSPL_56_120908.png

87.FPGA Editor を開いてみた。UCFで設定したIOピンが見えた。
ZedBoard_PSPL_57_120908.png

88.最大動作周波数は、114.666MHzだった。クリティカル・パスを見てみた。
ZedBoard_PSPL_58_120908.png

WebPACK14.2でZedBoardのPS & PLチュートリアルをやってみた5(SDK1)”に続く。

  1. 2012年09月09日 03:59 |
  2. ZedBoard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ChipScopeのライセンスが、MACアドレスではダメということは、USB無線LANアダプタをドングル代わりにするなどというワザは使えないのですね。ちょっと残念。

ちなみにChipScopeのライセンスは、よくある「バージョンアップ可能なのは1年間のみ」という期限付きでしょうか?だとすると必要になってからライセンス要求した方がいいかなと思いまして。
  1. 2012/09/10(月) 13:54:53 |
  2. URL |
  3. K林 #-
  4. [ 編集 ]

私のところでは無線LANのMACアドレスだとChipScopeのライセンスが入ってなかったですが、一度、K林さんもやってみてはいかがでしょうか?私は最初にMACアドレスでライセンスを取ったらChipScopeが使えなかったので、ディスクのシリアルで取り直しました。もしMACアドレスでChipScopeのライセンスも取れたら教えて下さい。

ChipScopeのライセンスはVersin Limit が2013.09になっているので、おっしゃる通りのようです。
  1. 2012/09/11(火) 04:24:24 |
  2. URL |
  3. marsee #f1oWVgn2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2246-1e0f098e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)