FC2カウンター FPGAの部屋 WebPACK14.2でZedBoardのPS & PLチュートリアルをやってみた8(ChipScopeによるデバック)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

WebPACK14.2でZedBoardのPS & PLチュートリアルをやってみた8(ChipScopeによるデバック)

WebPACK14.2でZedBoardのPS & PLチュートリアルをやってみた7(SDKデバック)”の続き。

今回は、”ZedBoard: Zynq-7000 AP SoC Concepts, Tools, and Techniques A Hands-On Guide to Effective Embedded System Design 8/22/2012”の36ページの”4.2 Take a Test Drive! Debugging Hardware Using ChipScope Software”をやってみた。要するにChipScope Analyzer でAXI4バスの様子を確かめてみた。

117.ZedBoard の電源をONした。

118.TeaTerm を立ちあげて115200bps に設定した。

119.Xilinx Toolsメニューから Program FPGA を選択した。

120. Program FPGA ダイアログが出た。Program ボタンをクリックした。ビットファイルがダウンロードされ、PLファブリックがプログラムされる。
ZedBoard_PSPL_67_120909.png

121.hello_world_0の右クリックメニューからRun as -> Run Configurations... を選択した。
ZedBoard_PSPL_68_120909.png

122.Xilinx C/C++ ELF の右クリックメニューからNew を選択した。
ZedBoard_PSPL_69_120909.png

123.hello_world_0 Debug が出来た。
ZedBoard_PSPL_70_120909.png

124.Runボタンをクリックした。

125.Processor in use ダイアログが出た。Yesボタンをクリックした。
ZedBoard_PSPL_71_120909.png

126.Tera Termにメニューが表示されていた。
ZedBoard_PSPL_72_120909.png

127.PlanAheadのChipScope Analyzer をクリックしてChipScope Analyzer を立ち上がる。
ZedBoard_PSPL_86_120911.png

128.ChipScope Analyzer が立ち上がった。Open/Search JTAG Cable アイコンをクリックした。
ZedBoard_PSPL_87_120911.png

129.Zynqが見つかった。
ZedBoard_PSPL_88_120911.png

130.ダイアログのOKボタンをクリックした。ChipScope Pro Analyazer の状態を下に示す。
ZedBoard_PSPL_89_120911.png

131.chipscope_axi_monitor_0.cdc をインポートする。Dev 1 Mydevice1(XC7020)を選択して、FileメニューからImport を選択する。
ZedBoard_PSPL_90_120911.png

132.Signal Import ダイアログが開く。Select New File ボタンをクリックした。
ZedBoard_PSPL_91_120911.png

133.PS_and_PL_Tutorial\PS_and_PL_Tutorial.srcs\sources_1\edk\system\implementation\chipscope_axi_monitor_0_wrapperフォルダの下の chipscope_axi_monitor_0.cdc を選択した。
ZedBoard_PSPL_92_120911.png

134.Signal Import ダイアログに chipscope_axi_monitor_0.cdc が設定された。OKボタンをクリックした。
ZedBoard_PSPL_93_120911.png

135.ChipScope Analyzer の画面に信号名が表示された。
ZedBoard_PSPL_94_120911.png

136.Trigger Setupウインドウを開いて、M1:MON_AXI_ARADDRCONTROLの下のaxi_gpio_0_S_AXI/MON_AXI_AVALIDを1にした。
ZedBoard_PSPL_95_120911.png

137.Trigger Condition Equation がMOになっているので、そこをクリックした。
ZedBoard_PSPL_96_120911.png

138.Trigger Condition ダイアログで、Enableを見るとM0にチェックが入っている。これをクリックで消して、M1の所にチェックを入れた。
ZedBoard_PSPL_97_120911.png

139.Position の設定を10にした。
ZedBoard_PSPL_98_120911.png

140.Runボタンをクリックした。
ZedBoard_PSPL_99_120911.png

141.そのまま待っていてもトリガが掛からなかった。Tera Termから1を入力したところ、トリガが掛かった。
ZedBoard_PSPL_100_120911.png

142.Waveウインドウを下に示す。
ZedBoard_PSPL_101_120911.png

143.最初にトリガが掛かった辺りを拡大してみた。
ZedBoard_PSPL_102_120911.png

これでZedBoard付属のChipScopeライセンスで、2番めのチュートリアルを行うことが出来た。

  1. 2012年09月12日 04:34 |
  2. ZedBoard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2250-262c088f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)