FC2カウンター FPGAの部屋 2012年を振り返る1(1月から6月まで)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

2012年を振り返る1(1月から6月まで)

2012年を振り返ってみよう。

今年は、AXI4バスとZynqを中心にブログの記事を書いてきた。来年もこの傾向は変わらないと思う。ZynqはARMプロセッサにFPGAが付属しているICで、これから伸びる可能性を秘めていると思う。しかし、1人で使うにはソフト、ハードに精通する必要があるんで、使うのが難しいICだ。それを使いこなせる可能性があるのが、Vivado HLSだと思っている。

1月
ar37425のAXI4 Masterサンプルを試す2(インプリメント)が最初の記事だ。まだAXI4バスのサンプル回路を試している。
Altium Designer によるPCB設計入門1(回路図シートの作成1)でAltium Desiger の使い方をいろいろ試してみた。
ar37425のAXI4 Masterサンプルを試す6(シミュレーション3)では、AXI4バスのトランザクションをタイミングチャートを示しながら、説明した。AXI4バスの理解のためには良い記事だと思う。
MicroBlaze MCSをテストする1(IPコアの生成、Project Navigator編)で、WebPACKで使えることになったMicroBlaze MCSをテストしている。
FPGAカンファレンスに行ってきました
MicroBlaze MCSをISE WebPACKから使用する1で、MicroBlaze MCSをISE WebPACKから使用する記事を書き始めた。

2月
Altium Designer でIntegrated Library を作る1(回路図ライブラリ編)
DVI、HDMIの勉強1でDVIやHDMIへ出力しようと試みた。最初にXilinxのアプリケーションノートXAPP495を試してみた。
DVI、HDMIの勉強4(キャラクタ・ディスプレイ・コントローラをDVI出力にする Verilog編)でXAPP495を元にキャラクタ・ディスプレイ・コントローラをDVI出力にすることが出来た。
DVI、HDMIの勉強6(キャラクタ・ディスプレイ・コントローラをDVI出力にする VHDL編1)で、Digilent社のサンプルコードを使ってVHDLでHDMI出力することに成功した。
キャラクタ・ディスプレイ・コントローラをAXI4スレーブにする1(仕様の検討)で、VHDLでHDMI出力することに成功した回路をAXI4スレーブにするプロジェクトを開始した。

3月
キャラクタ・ディスプレイ・コントローラをAXI4スレーブにする3(BFMシミュレーション)で、Bus Function Modelを作って、単体テストを行うことにした。
CIRCUITLABでお手軽に回路シミュレーションで、CircuitLabというWebブラウザ上で書ける回路図CADを使ってみた。
ハンターマウンテン塩原スキー場に行って来ました
AXI4マスタIPの作製(仕様の策定)で、キャラクタ・ディスプレイ・コントローラAXI4スレーブIPを駆動するAXI4マスタIPを作製することにした。
擬似乱数、M系列を使う1

4月
AXI4マスタIPの作製3(インプリメント)で、キャラクタをDRAMに書き込むAXI4マスタIPが完成。(Atlysボード使用)
AXIスレーブIPのパラメータを解説。
AXI4マスタIPのパラメータを解説。
VHDLのとっても有用なExamples
AXI4スレーブ・バス・ファンクション・モデル(BFM)の作製2、AXI4マスタIPを自作して、それを単体テストするために、AXI4スレーブIPの代わりのBFMモデルが完成した。
エレキジャック・フォーラム2012に行って来ました
Altium Designer のFPGA設計入門をやってみる1(準備編)、Altium DesignerはFPGA設計やソフトウエア開発ができる統合ツールなので、FPGA開発をやってみることにした。
Altium Designer でC to Hardware のサンプルを試してみる1、Altium Designer でC to Hardware のサンプルを試してみることにする。
Altium でC to Hardware(ラプラシアンフィルタ)、Altium でもう一度、C to Hardwareをやってみた。今度はラプラシアンフィルタを自分で作ってやってみた。

5月
つくば市の竜巻、今年は竜巻に襲われて停電した。
SpringSoft社のセミナとトラ技オフ会
XPS入りのPlanAhead14.1プロジェクトを作る1(プロジェクトの生成)、今年は、PlanAheadプロジェクトを使用してみた。
庭でさくらんぼを収穫しました、今年は庭のさくらんぼの木に沢山さくらんぼが出来たので、ジャムにしました。
ChipScope AXI Monitor を試してみた、AXIバスの状態を監視できて、とても便利だ。
AXI Performance Monitor IPを試してみた1(インプリメント)、AXI Performance Monitor は、言わばカウンタ・レジスタの塊でReadやWriteのレイテンシや、総データ転送数、トランザクション数をカウントしてくれるIPだ。バス占有率などをチェックすることができる。

6月
キャラクタROMをAXI4 Lite Slave として実装する1(AXI4 Lite バスの勉強)、キャラクタ・ディスプレイ・コントローラのキャラクタROMをAXI4 Lite Slave として実装することにした。
画像センシング展(画像センシングシンポジウム)での展示
イイヤマの23インチワイド液晶ディスプレイを購入しました
Zynq-7000(ZC702)のチュートリアルをやってみた1(PlanAheadプロジェクト、XPS)、ZynqのZC702ボードは持っていないけど、チュートリアルをやってみることにした。後で、ZC702ボードを貸して頂いて実際に動作を確認することができました。ありがとうございました。
Zynq-7000(ZC702)のチュートリアル2をやってみた1(XPSプロジェクトの生成)、Programmable Logic (PL) 領域を使用して、XPSでIPを繋いで、Processing System (PS) と接続して動作させるチュートリアルだ。
  1. 2012年12月27日 09:40 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2346-ce3b067b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)