FC2カウンター FPGAの部屋 ZedBoard Linux のフレームバッファにカメラ画像を表示5(BitGen Error)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZedBoard Linux のフレームバッファにカメラ画像を表示5(BitGen Error)

前回、XPSプロジェクトが完成したし、ビットストリームの生成を開始した。完了したように見え、ビットストリームの生成まで終了したと思っていた。(使用しているバージョンは14.4)
ZedBoard_Linux_48_130203.png

UCFで、processing_system7_0_GPIOが、Pmod JAとPmod JBにも設定されていて、そこが邪魔だったので、processing_system7_0_GPIOを全部コメントアウトした。もう一度、復活するとprocessing_system7_0_GPIOがないというエラーになってしまう。このへんは謎だ?

ビットストリームまで生成できたと思っていたのだが、どうもsystem.bit ファイルが生成されない。PARは通っているんだが。どうにもよくわからないので、PlanAheadプロジェクトを作って、その下にXPSプロジェクトを入れることにした。

PlanAheadプロジェクトを作成して、XPSプロジェクトをインポートし、トップHDLファイルを作成してインプリメントを行った。
BitGenでエラー発生。エラー内容を下に示す。

[Bitgen 342] This design contains pins which have locations (LOC) that are not user-assigned or I/O Standards (IOSTANDARD) that are not user-assigned. This may cause I/O contention or incompatibility with the board power or connectivity affecting performance, signal integrity or in extreme cases cause damage to the device or the components to which it is connected. To prevent this error, it is highly suggested to specify all pin locations and I/O standards to avoid potential contention or conflicts and allow proper bitstream creation. To demote this error to a warning and allow bitstream creation with unspecified I/O location or standards, you may apply the following bitgen switch: -g UnconstrainedPins:Allow


Console では、このエラーが出たIOピンは、mt9d111_pclk だそうだ。カメラ回路が表示に成功した時のUCFファイルの内容をそのままコピーしたのだが、何で今度はエラーが出てしまうのだろうか?

早速、Xilinxアンサーをサーチすると、”7 シリーズ、BitGen (13.2 以降) - 「ERROR:Bitgen:342 - This design contains pins which are not constrained (LOC) to a specific location or have an undefined I/O Standard (IOSTANDARD)」というエラー メッセージが表示される
-g UnconstrainedPins:Allow スイッチを設定すれば良いみたいだ。設定することにする。

PlanAheadのFlow Navigator -> Program and Debug -> Bitstream Settings をクリックするとProject Settings -> Bitstream ダイアログが立ち上がる。
More Options に”-g UnconstrainedPins:Allow”を入力する。
ZedBoard_Linux_50_130204.png

PlanAheadのFlow Navigator -> Program and Debug -> Generate Bitstream をクリックして、ビットストリームを再生成する。

やはり、同様のエラーです。
再度、Project Settings -> Bitstream ダイアログを見ると、”-g UnconstrainedPins:Allow”が入っていません
ZedBoard_Linux_51_130204.png

オプションが保存されていないとは?さすがに呆れました。(これだからツールがイマイチと言われちゃうんですね。。。)
(ちなみに、PlanAhead Tutorial Debugging with ChipScope UG677 (v14.3) October 16, 2013 の11ページの Implementing the Design and Generating the Bitstream に ”3. For all 7 series devices, select Bitstream Settings, select More Options, and type -g UnconstrainedPins:Allow. Click OK.”と書いてあるので、やり方は正しいようです)

しょうがないので、Project Navigator のプロジェクトを作って見ることにします。
  1. 2013年02月04日 04:33 |
  2. ZedBoard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2379-49600243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)