FC2カウンター FPGAの部屋 Linux のSDK14.4 からZedBoard をコンフィグレーションし、ソフトを起動した
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Linux のSDK14.4 からZedBoard をコンフィグレーションし、ソフトを起動した

前回、SDK14.4でコンパイルすることができたので、ZedBoardをコンフィグレーションしてみた。

VirtualBox4.2.6 上のLinux12.10 にISE14.4 をインストールしてあるため、VirtualBox ウインドウのデバイス -> USBデバイス -> Digilent USB Device [900] を選択して、Windows 7 へのマウントを切り離し、Ubuntu にマウントした。
ISE_for_Linux_47_130225.png

SDKで、Xilinx Tools メニュー -> Program FPGA を選択して、FPGAをコンフィグレーションしようとしたがエラーになってしまった。

次に、何がおかしいのかを確かめるために、より現象がわかりやすい iMPACT で確かめて見ることにした。
impact コマンドを入力して、iMPACT を起動した。

iMPACT でinitialize Chain を行ったところ、windrv6 がロードされないので、ケーブル・ドライバを再インストールしてくれというメッセージが出た。アンサー・レコードの22648 に書いてあるそうだ。
ISE_for_Linux_49_130225.png

アンサー・レコードの22648 は、”10.1 iMPACT - Linux OS/カーネル バージョン 2.4 へのザイリンクス ケーブル ドライバーのインストール”だった。
アンサー・レコードの22648 によると

詳細は、次の『USB Cable Installation Guide』 (UG344) および install_drivers.tar.gz アーカイブを参照してください。


のことだった。
早速、『USB Cable Installation Guide』を参照しながら、install_drivers.tar.gz アーカイブをダウンロードして、インストールすることにした。
install_drivers.tar.gz アーカイブを展開すると、install_drivers ディレクトリができた。その中に、readme.txt があってインストール方法が書いてあった。下に引用する。

Note: Root permission is required to perform the steps described in this section.

1) Disconnect all Xilinx USB cables from the host computer.
2) Open a shell or terminal console.
3) Extract the driver script and its support files to a local drive of the machine
where the cable will be used by typing:
tar xzvf install_drivers.tar.gz
The extraction creates a directory named install_drivers in the current directory.
4) Navigate to the install_drivers directory by typing:
cd install_drivers
5) Run the script by typing:
./install_drivers
6) When the installation is complete, reconnect the cable.
7. Change permissions on the USB / PC4 driver by typing: chmod 666 /dev/windrvr6.


上のインストール方法に従って、インストールを行った。

cd
cd Work/install_drivers
sudo ./install_drivesr


エラーが発生してしまった。
ISE_for_Linux_60_130226.png

そうだ。dash shell から/bin/sh に切り替えてみよう。ということで、sudo dpkg-reconfigure -plow dash コマンドを入力して、/bin/sh に切り替えてから、もう一度、sudo ./install_drivesr コマンドを実行した。だが、やはりエラーだった。
ISE_for_Linux_61_130226.png

ls /dev コマンドで、/dev ディレクトリを見ても、windrv6 は存在しなかった。
ISE_for_Linux_62_130226.png

よって、この方法は諦めることにした。

次に、Ubuntu にダウンロード・ケーブルをマウントした時のUSBの状況を、lsusb コマンドで見た。
ISE_for_Linux_51_130226.png

それによると、ZedBoard のPROGポートをUbuntuにマウントした場合には、FT232H として見えていた。(最初のピンクの四角の中)

次に、Digilent社のXUP USB-JTAG Programming Cable があったので、これをUbuntuにマウントすると、Xilinx, Inc. として見えた(上の図の2番めのピンクの四角の中)
ISE_for_Linux_50_130225.png

これで、iMPACT を立ち上げると、zynq が見えた。
ISE_for_Linux_52_130226.png

iMPACT を終了して、xsdk コマンドでSDKを立ち上げた。

、Xilinx Tools メニュー -> Program FPGA を選択して、FPGAをコンフィグレーションした。
ISE_for_Linux_58_130226.png

コンフィグレーション成功した。下にメッセージを示す。

19:16:31 INFO : FPGA configured successfully with bitstream /home/masaaki/HDL/ZedBoard/ZedBoard_CamDisp_wHDMI_144_2/ZedBoard_CamDisp_wHDMI.sdk/SDK/SDK_Export/system_hw_platform/download.bit.


Run Configuration を作成して、Run を実行した。
ISE_for_Linux_59_130226.png

ソフトウェアが動作して、カメラ画像がディスプレイに出力された。成功だ。

なお、ZedBoard のPROGポート経由では、アンサー・レコード42728、”13.x/14.x iMPACT/ChipScope/XMD - Digilent プログラム ケーブルには LibUSB1.0 パッケージをインストールする必要がある”を参考に、 libusb 1.0 パッケージをインストールしてみたが、やはり、ダウンロード・ケーブルとして認識されなかった。

VirtualBox4.2.6 上のUbuntu12.10 でのZedBoard のコンフィグレーションには、Digilent社のXUP USB-JTAG Programming Cable か、Xilinx社のダウンロード・ケーブルが必要のようだ。
  1. 2013年02月27日 05:11 |
  2. Xilinx ISEについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2398-585652f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)