FC2カウンター FPGAの部屋 XPSのカスタムIPにおけるMPDファイルの書き方1
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

XPSのカスタムIPにおけるMPDファイルの書き方1

XPSプロジェクトのカスタムIPのMPDファイルの書き方を書いておこうと思う。MPDファイルはXPSプロジェクトのカスタムIPのパラメータやIOポートの情報などを書いておくファイルだ。カスタムIPフォルダ\カスタムIP名+バージョン.mpd というファイル名が付いている。現在作っている、カメラ・インターフェースIPでは、mt9d111_inf_axi_master_v1_00_a\data\mt9d111_inf_axi_master_v2_1_0.mpd がMPDファイルだ。
MPDファイルと組になるのが、MUIファイルで、設定ダイアログのGUIをXMLファイルで表している。カメラ・インターフェースIPでは、mt9d111_inf_axi_master_v1_00_a\data\mt9d111_inf_axi_master_v2_1_0.mui がMUIファイルだ。
なお、Platform Specification Format Reference Manual Embedded Development Kit (EDK) 14.1 UG642 (v14.1) April 24, 2012 をマニュアルとして参考にした。

これから、MPDファイルの書き方について解説する。これから mt9d111_inf_axi_master_v2_1_0.mpd を例にとってMPDファイルについて説明するが、最初にMPDファイルのAssignment Commands について解説する。
MPDファイルのAssignment Commands は5つで以下に示す。

• BUS_INTERFACE
• IO_INTERFACE
• OPTION
• PARAMETER
• PORT


MPDファイルに書かれる行は、このコマンドか、コメント文かのいずれかになる。

mt9d111_inf_axi_master_v2_1_0.mpd について解説する。
カメラ・インターフェースIPのAXIバス・インターフェースは2つある。1つは、カメラのデータをPS部に接続されたDDR3 SDRAMのフレームバッファにAXI HPポートを経由して書き込むAXI4 Master インターフェースで、もう1つはフレームバッファのアドレスを設定するためのレジスタ用のAXI4 Lite Slave インターフェースだ。
mt9d111_inf_axi_master_v2_1_0.mpd の46行目から55行目までを下に示す。

BEGIN mt9d111_inf_axi_master

## Peripheral Options
OPTION IPTYPE = PERIPHERAL
OPTION IMP_NETLIST = TRUE
OPTION STYLE = MIX
OPTION DESC = mt9d111_inf_axi_master
OPTION LONG_DESC = An AXI Master Camera Interface
OPTION HDL = MIXED
OPTION RUN_NGCBUILD = FALSE


・BEGIN
コンポーネント定義は BEGIN で始めて、END で終了する。
OPTION IPTYPE = PERIPHERAL
OPTION のIPTYPE には、BUS, PERIPHERAL, PROCESSOR を設定できる。PERIPHERAL は、バスにアドレスマップされるIPを表す。
OPTION IMP_NETLIST = TRUE
Platgen にインプリメント用のネットリスト(NGC) を書き出させる。
OPTION STYLE = MIX
OPTION の STYLE は、ペリフェラルのデザイン構成を表すオプションで、BLACKBOX, HDL, MIX がある。BLACKBOXは、ネットリストのみ、つまり、BBD (Black Box Definition)ファイルのNGCファイルのリストに従ってIPが構成される。
HDLはHDLのみで、PAO (Peripheral Analyze Order)ファイルのHDLファイルのリストに従ってIPが構成される。
MIX は、NGCファイルとHDLファイルの両方を使用してIPが構成される。
OPTION DESC = mt9d111_inf_axi_master
DESC はGUIツールに表示する短いIPコア名を指定する。
OPTION LONG_DESC = An AXI Master Camera Interface
LONG DESC はGUIツールに表示するIPコアの説明を指定する。
OPTION HDL = MIXED
VHDL, VERILOG, MIXED
OPTION RUN_NGCBUILD = FALSE
RUN_NGCBUILD は、NGCBUILD を実行させて、IPのネットリストを1つにまとめるオプション

次のブログ記事は、”XPSのカスタムIPにおけるMPDファイルの書き方2
MPDファイルの全リストは、”カメラ・インターフェースIPにAXI4 Lite Slave インターフェースを追加3(MPD, MUIファイルの作製)”を参照のこと。
  1. 2013年03月31日 06:30 |
  2. EDK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2422-e15bb2b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)