FC2カウンター FPGAの部屋 XPSのカスタムIPにおけるMPDファイルの書き方2
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

XPSのカスタムIPにおけるMPDファイルの書き方2

このブログ記事のトップは、”XPSのカスタムIPにおけるMPDファイルの書き方1
前の記事は、”XPSのカスタムIPにおけるMPDファイルの書き方1

57行目~61行目

IO_INTERFACE IO_IF = mt9d111_inf

## Bus Interfaces
BUS_INTERFACE BUS = S_AXI_LITE, BUS_STD = AXI, BUS_TYPE = SLAVE
BUS_INTERFACE BUS = M_AXI, BUS_STD = AXI, BUS_TYPE = MASTER


IO_INTERFACE IO_IF = mt9d111_inf
IO_INTERFACE は、IPと外部デバイス間のインターフェースを定義する。IO_IF でIOの名前を定義して、ここには書いてないが、IO_TYPE でIOのタイプを指定する。
mt9d111_inf グループIO信号の例

PORT init_done = "", DIR = I, IO_IF = mt9d111_inf, IO_IS = init_done


このように書いておくと、Add IPするときにグループ化される。
BUS_INTERFACE BUS = S_AXI_LITE, BUS_STD = AXI, BUS_TYPE = SLAVE
BUS_INTERFACE はバスの信号をグループ化する。BUS でバスのラベル(名前)を指定する。BUS_STD でバスの規格を指定する。BUS_TYPE でバスインタフェースのタイプを指定する。
AXI4 Stream の BUS_STD はAXIS、Master のBUS_TYPE は INITIATOR で、Slave のBUS_TYPE は TARGET となるようだ。
S_AXI_LITE バスグループの信号の例

PORT s_axi_lite_awvalid = AWVALID, DIR = I, BUS = S_AXI_LITE


BUS_INTERFACE BUS = M_AXI, BUS_STD = AXI, BUS_TYPE = MASTER
これの説明も上と同様だが、こちらの BUS_TYPE は MASTER となっている。
M_AXI バスグループの信号の例

PORT M_AXI_AWVALID = AWVALID, BUS = M_AXI, DIR = O


IO_INTERFACE とBUS_INTERFACE で指定した信号は、Add IPするときのGUI (XPS Core Config) で下の様にグループ化される。
How_to_Write_MPD_1_130401.png

GUI上のバスやIOグループの線をクリックすると内部のグループ化されている信号が見える。
How_to_Write_MPD_2_130401.png

次のブログ記事は、”XPSのカスタムIPにおけるMPDファイルの書き方3
MPDファイルの全リストは、”カメラ・インターフェースIPにAXI4 Lite Slave インターフェースを追加3(MPD, MUIファイルの作製)”を参照のこと。
  1. 2013年04月01日 05:49 |
  2. EDK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2423-891c738f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)