FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado 2013.2 の IP Packager でAXI4-Stream にクロックを関連付ける
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado 2013.2 の IP Packager でAXI4-Stream にクロックを関連付ける

今まで、Vivado 2013.2 の IP Packager では、AXI4-Stream Interface を作った時にクロックが無いと言われてIP Interface にワーニングが発生していた。それを回避する方法を ikwzm さんに教えて頂いたので、書いておこうと思う。ikwzm さん、ありがとうございました。
参照URL、”mt9d111_inf_axis IP をテストする”のコメント

・まずは、mt9d111_inf_axi_stream のIP Interface を表示した状況を示す。クロックが無いと言われている。
IP_Packager_AXI_72_130829.png

・インターフェイス(m_axis) の表示されている画面の空いているところで、右クリックして、右クリックメニューから Add Bus Interface... を選択する。
IP_Packager_AXI_73_130829.png

・Add Interface ダイアログが表示された。Bus Interface to Configure で clock_rtl を選択した。Bus Interface Display Name に clk と書いた。OKボタンをクリックした。
IP_Packager_AXI_74_130829.png

・clk インターフェイスが出来た。clk をクリックして、右クリックメニューから Edit Port Mapping... を選択した。
IP_Packager_AXI_75_130829.png

・Edit Port Mapping (clk) ダイアログが表示された。
・Interface's Logical Ports の CLK を選択した。
・IP's Physical Ports から pclk を選択した。
・Map ボタンをクリックした。
IP_Packager_AXI_76_130829.png

・CLK と pclk がマップされた。OKボタンをクリックした。
IP_Packager_AXI_77_130829.png

・clk インターフェイスの Port Maps に CLKにマップされた pclk が表示された。
IP_Packager_AXI_78_130829.png

・clk インターフェイスをクリックしたまま、下のペインから Bus Parameters タブを選択した。
・Bus Parameters ペイン内で、右クリックメニューから Add Bus Parameter... を選択した。
IP_Packager_AXI_79_130829.png

・Add Bus Parameter ダイアログが表示された。Enter new Bus Parametr Name: に ASSOCIATED_BUSIF と入力した。
IP_Packager_AXI_80_130829.png

・ASSOCIATED_BUSIF パラメータが生成された、Value をクリックして、AXI4-Stream インターフェイスの名前、m_axis を入力した。
IP_Packager_AXI_81_130829.png

IP Interface のワーニングが消えた。

IP File Groups のワーニング
IP File Groups のワーニングも消してみた。
・絶対パスがダメだったので、絶対パスのファイルは消して、プロジェクトに存在しないファイルはプロジェクトにコピーして、プロジェクト内のファイルを指定したところ相対パスとなった。

・次に、生成されたIP (pixel_fifo.xci) だが、XCIファイルだけでダメで、Synthesis、Simulation 共に HDLファイルを File Group に入れる必要があった。
IP_Packager_AXI_82_130829.png

これで、IP File Groups のワーニングも消えた。

(2013/08/30:追記)
このIPを使って、”mt9d111_inf_axis IP をテストする”のVivado プロジェクトを一旦消去し、もう一度作りなおして論理合成をしてみたが、同様にエラーになった。
  1. 2013年08月29日 05:15 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2572-4f205c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)