FC2カウンター FPGAの部屋 2 Mega pixel Camera Module MT9D111 JPEG Out + HQ lens
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

2 Mega pixel Camera Module MT9D111 JPEG Out + HQ lens

eBay で注文した”2 Mega pixel Camera Module MT9D111 JPEG Out + HQ lens”が今日届きました。
HQ_lens_mt9d111_1_130912.jpg

HQ_lens_mt9d111_2_130912.jpg

使っていた日昇テクノロジーの MT9D111メガピクセルカメラモジュールとピン配置が一緒だったので、付け替えて電源ONしてディスプレイに表示してみました。しかし、カメラが重そうです。。。いよいよ、マウント用のスペーサを付ける必要がありそうです。そのためにカメラ・インターフェイス基板には取り付け用の穴を開けておきました。
HQ_lens_mt9d111_3_130912.jpg

画面に表示はするのですが、おかしな表示になりました。
ZedBoard_Linux_93_130215.jpg

これは、MT9D111がデフォルト状態の時の表示です。YUVモードになっていて、I2Cでレジスタを設定してRGB565に設定できていない状態ですね。

下に示すのが、日昇テクノロジーの MT9D111メガピクセルカメラモジュールの回路図の一部です。
HQ_lens_mt9d111_4_130912.png

5番ピンと6番ピンのSDAとSCLが10KΩでプルアップされています。

下に示すのが、今度購入した”2 Mega pixel Camera Module MT9D111 JPEG Out + HQ lens”の回路図の一部です。
HQ_lens_mt9d111_5_130912.png

5番ピンと6番ピンのSDAとSCLはプルアップされていないのが分かります。

これが原因かもしれません?早速PlanAhead で、FPGAの出力ピンでPull Upしてみましょう。
PlanAhead を開くと、mt9d111_Scl, mt9d111_Sda の Pull Type が None になっていました。
HQ_lens_mt9d111_6_130912.png

これを PULLUP に変更しました。
HQ_lens_mt9d111_7_130912.png

そして、インプリメント、ビットストリームを生成しました。
インプリメント・デザインを開くとmt9d111_Scl, mt9d111_Sda の Pull Type が PULLUP なのが見えますね。
HQ_lens_mt9d111_8_130912.png

ハードウェアをエクスポートして、SDKを立ちあげました。
Cleanして、コンパイルをし直しました。
HQ_lens_mt9d111_9_130912.png

それで、BOOT.binを作ってやってみましたが、ZedBoard の Done LED が点灯しなかったので、SDKをすべてクリアして、やり直しました。

cam_disp プロジェクトを作って、そこのプロジェクトの右クリックメニューから Create Boot Image を選択しました。
HQ_lens_mt9d111_10_130912.png

すると、FSBLを作っておくと、FSBL.elf と cam_disp.elf がダイアログに入っていて、Output folder もcam_disp\bootimage に設定されています。
HQ_lens_mt9d111_11_130912.png

後は、ビットストリームをAdd して、真ん中の位置に収めて、Create Image ボタンをクリックすると、cam_disp\bootimage に cam_disp.bin が出来ます。
HQ_lens_mt9d111_12_130912.png

それを、SDカードに書いて、BOOT.bin とリネームすればSDカードは出来上がりです。ZedBorad にそのSDカードを入れて、電源ONすると、カメラの画像が写りました。
HQ_lens_mt9d111_13_130912.jpg

ちゃちいレンズとHQレンズの画質の違いはよくわかりませんが、ピントを合わせるときの剛性が高い気がします。F1.2なので、夜の撮影に威力を発揮すると思います。
  1. 2013年09月12日 05:46 |
  2. CMOSイメージセンサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

ピントが合う距離は?

私のも納品されました。以前いただいた接続基板を使って、ZedBoardで試してみようと思います。
ところで、HQレンズのピントが合う距離は、接写側でどの程度ですか。10cmくらいの距離でピントが合ってくれるとありがたいです。
  1. 2013/09/13(金) 08:49:34 |
  2. URL |
  3. K林 #-
  4. [ 編集 ]

marseeさんからBOOT.binをいただいて試してみました。ありがとうございました。
調整すれば1〜2cm程度の接写が可能でした。
ただし、以下のような気になる点もありました。
・ピントの合う範囲が狭い
・周辺部のゆがみが気になる

この手のレンズ付きイメージセンサに多くを期待してはいけないのかもしれませんが、
大きくて重いレンズだけにちょっと残念です。
  1. 2013/09/14(土) 10:50:41 |
  2. URL |
  3. K林 #-
  4. [ 編集 ]

当時、カメラが趣味の人に聞いたら「そんなことも知らないの」って言われましたが

>・ピントの合う範囲が狭い
 明るいレンズなので被写界深度が狭く(浅く)なります。
 オートフォーカスでもついていればいいんですが、固定距離での撮影向きでしょう。

>・周辺部のゆがみが気になる
 絞りを開いた状態なので、レンズの形の影響をもろに受けます。
 レンズ補正値をセンサに設定すると影響を小さくできますが、補正値の計算方法が公開されていないのできついでしょう。
(理論っぽいのはあったのですが理解できませんでした)
 読み取った画像を、画像処理してゆがみを減らした方が早いかも。

他にも薀蓄を聞かされましたが忘れてしまいました。
シャッター時間を短くできるので、ある程度の動きにも対応できそうです。
  1. 2013/09/17(火) 09:00:20 |
  2. URL |
  3. おる #qbIq4rIg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2587-155865d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)