FC2カウンター FPGAの部屋 Xillinuxに新しいユーザー zybo を追加
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Xillinuxに新しいユーザー zybo を追加

ZYBOにOpenCV 2.4.6.1をインストール”でZybo のXillinux にOpenCV 2.4.6.1 をインストールしたのですが、これは、root でやっていました。どうも root でコマンドを実行しているとあまり気持ちよく無いので、zybo というユーザーを作ることにしました。パスワードは同じく zybo です。

・”ubuntu コマンドでユーザーの追加と削除 ”を参照して、adduser zybo コマンドで、zybo という新しいユーザーを追加しました。

・”ユーザーアカウントの権限を管理者権限に変更してみる”を参考にして、root で gpasswd -a zybo sudo コマンドで、zybo を sudo グループの参加させました。これで、sudo が使えるようになりました。

・このままだと、Tera TermでZybvo のIPアドレスを指定して、リモート・ログインはできますが、startx するとX Windowが起動できません。GUI画面でも zybo でログインできずに、すぐにログイン画面に戻ってしまいます。

startx コマンドを起動すると、/tmp ディレクトリに何らかのファイルを書きに行くようでした。/tmp ディレクトリを見ると、ディレクトリのオーナーが root で Writeパーミッションが入っていなかったので、sudo chmod a+w /tmp で、/tmp ディレクトリにWriteパーミッションを入れました。下に GUI画面上で、zybo でログインしている状態の /tmp ディレクトリの内容を示します。
Xillinux_16_140601.png

・これでも、startx ではエラーが出ます。エラーは、

X: user not authorized to run the X server, aborting.

というものです。”How to fix “X: user not authorized to run the X server, aborting.”? ”にそのバグ・フィックスの方法が書いてありました。

sudo vi /etc/X11/Xwrapper.config コマンドを実行して、Xwrapper.config ファイルを編集し、allowed_users=anybody を追加しました。
Xillinux_17_140601.png

sudo dpkg-reconfigure x11-common コマンドで、Configuring x11-common を表示して、Anybody になっていることを確認して、returnキーを押しました。
Xillinux_18_140601.png

・これで、startx コマンドも成功して、GUI画面でも、zybo ユーザーでログイン出来るようになりました。
Xillinux_19_140601.jpg

・次に、root でビルドした OpenCV 2.4.6.1 を /home/zybo に移します。その際に、オーナーとグループを変更しました。これからは root で作業しました。

・まずは、chown -R zybo opencv コマンドで、再帰的に opencv ディレクトリ内のファイルをすべて、zybo オーナーに変更しました。

・次に、chgrp -R zybo opencv コマンドで、再帰的に opencv ディレクトリ内のファイルをすべて、zybo グループに変更しました。

mv opencv /home/zybo コマンドで、opencv を /home/zybo の下に移動しました。

・GUI画面で、レナ像の顔認識も問題なく実行できました。
  1. 2014年06月01日 04:13 |
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2831-29340fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)