FC2カウンター FPGAの部屋 Parallella-16 ボードが届きました
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Parallella-16 ボードが届きました

Parallella-16 ボードを購入”を 2013/07/24 に書いてから、約11ヶ月後にParallella-16 ボードが届きました。
嬉しいです。

大きさがとっても小さいですね。。。ZYBOと並べてみました。
Parallella_1_140615.jpg

遅れたお詫びにと送ってくれたTシャツです。因みに、ケースと選べたのですが、ケースはレーザー加工機で作れば良いや。。。ということでTシャツにしました。
Parallella_2_140615.jpg

他の同梱物です。ケーブルなどです。上に反対ですが、Parallella-16 ボードが入ってきた箱があります。
Parallella_3_140615.jpg

Parallella-16 ボードは、PLのコンフィギュレーション用ポートがパッドにしか出ていないので(パッドにコネクタが付いているモデルも有ります)、PLをデバックするのが面倒そうです。ChipScopeやVivado Analyzer などの標準デバック機能が使えません。パッドから線を出してJTAG用のコネクタを出せばできますね。但し、PLのコンフィギュレーションはBOOT.binにビットファイルを入れれば、SDカード経由で問題なく出来るはずです。
ソフトウェアもSDKでリモート・デバック出来ると思いますので、心配は無いですね。
ロジック・アナライザ機能を実装しようと思ったら、トリガの掛け方を決めて、トリガが掛かったら、AXIバス経由でデータをDDR3 SDRAMにDMAできるので、そのようなモジュールを作れそうですね。ロジック・アナライザのデータは、Ubuntu上ででもGUIで表示できると良いですね。。。
  1. 2014年06月15日 19:58 |
  2. Parallella-16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2845-c9cc1f62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)