FC2カウンター FPGAの部屋 ZYBO用カメラ表示回路の作製1(準備編)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZYBO用カメラ表示回路の作製1(準備編)

ZYBOでカメラ表示をしようということで、カメラ表示回路を作ることにした。
恒例のシングル・バッファのフレーム・バッファを使用したカメラ表示回路を作製することにする。シングル・バッファのフレーム・バッファでは、カメラのWrite が 15fps(frame per second)、表示が 60fpsという状況であるため、表示している物体が動いた時に画像が乱れるのはわかっているが、とりあえずシングル・バッファで作製する。
ZedBoard Linux のフレームバッファにカメラ画像を表示8(カメラ画像表示成功)”で、ZedBoard を使用したカメラ表示ができているので、これをベースに作製することにする。
カメラはMT9D111 を使用し、そのインターフェース・ボードとして、ZedBoard 用のカメラ・インターフェース・ボードを使用する。その回路図とパターン図を下に示す。
ZedBoard_Cam_Board_1_121209.png

ZedBoard_Cam_Board_11_130120.png

この ZedBoard 用のカメラ・インターフェース・ボードを使用する場合に一番問題となるのが、PCLK入力のピン位置だ。これはカメラのクロックの入力なので、SRCCかMRCC に割り当てたいところだ。。。(”ZedBoard用CMOSカメラボードの作製1(カメラモジュールの検討)”参照)
ZYBO Reference Manual”の 24ページからの”16 Pmod Connectors”を見ると、Standard Pmodは、200Ωの抵抗がシリーズに入れてあるので、これは使用しないほうが良さそうということで、Pmod JA, JB, JC を利用することになる。下に、”ZYBO Reference Manual”の 24ページからの”16 Pmod Connectors”の”Table9. Pmod pinout.”を引用する。
ZYBO_Cam_Disp_1_140815.png

次に、ZYBOの使用しているZynq-7000 の ZYNQ XC7Z010-1CLG400C で Pmod のピンがどのIOに割り当てられているかを調べる。これは、”Zynq-7000 All Programmable SoC パッケージおよびピン配置製品仕様 UG865 (v1.4) 2014 年 6 月 11 日”の35ページからでも調べられるが、”Zynq-7000 All Programmable SoC Package Files”から”xc7z010clg400pkg.txt”を見ても検索しやすいので、良いと思う。
これらを見ると、Pmod JD の U14, U15 が SRCC なので、ここにPCLKを入れたほうが良いのだが、既存のインターフェース・ボードを使っているので、このピンは使用できない。よって通常のIOピンからクロックを入れることになる。
つまりは、何処のPmod コネクタを使用しても変わらないので、Pmod JC, JD を使用することにする。

ZYBO用カメラ表示回路の作製2(プロジェクト、ブロック・デザイン作製)”に続く。
  1. 2014年08月15日 08:49 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2902-f9ce2130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)