FC2カウンター FPGAの部屋 ZYBO用のEmbedded Linux での u-boot のログ
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZYBO用のEmbedded Linux での u-boot のログ

ZYBO用のEmbedded Linux(root file system をSDカードの第2パーティションへ)”で、いろいろとエラーは出ているが、SDカードの第2パーティションをRoot File System としてマウント出来たようだ。
apt-get コマンドも実行することができた。
ZYBO_EM_Linux_134_140915.png

しかし残念ながら、少しすると
[   71.114896] cpufreq_cpu0: failed to set clock rate: -16
[ 71.120039] cpufreq: __cpufreq_driver_target: Failed to change cpu frequency: -16
が出まくって、使いものにならない。とっても残念だ。。。

ikwzmさんから、u-boot の環境変数を見る方法を教えてもらった。それは、起動時にカウントしているが、その時にどれかのキーボードのキーを押して u-boot を止め、
env print
を実行して環境変数を見た。その結果、sdboot は、
sdboot=if mmcinfo; then run uenvboot; echo Copying Linux from SD to RAM... && fatload mmc 0 0x3000000 ${kernel_image} && fatload mmc 0 0x2A00000 ${devicetree_image} && fatload mmc 0 0x2000000 ${ramdisk_image} && bootm 0x3000000 0x2000000 0x2A00000; fi
で、zynq-common.h を修正したのに修正が反映されていないので、他のインクルード・ファイルが影響しているのかもしれない?
下に u-boot の環境変数をすべて貼っておく。
 0
zynq-uboot> env print
baudrate=115200
bitstream_image=system.bit.bin
boot_image=BOOT.bin
boot_size=0xF00000
bootcmd=run $modeboot
bootdelay=3
bootenv=uEnv.txt
devicetree_image=devicetree.dtb
devicetree_size=0x20000
ethact=Gem.e000b000
ethmacskip=0
fdt_high=0x20000000
importbootenv=echo Importing environment from SD ...; env import -t ${loadbootenv_addr} $filesize
initrd_high=0x20000000
ipaddr=10.10.70.102
jtagboot=echo TFTPing Linux to RAM... && tftp 0x3000000 ${kernel_image} && tftp 0x2A00000 ${devicetree_image} && tftp 0x2000000 ${ramdisk_image} && bootm 0x3000000 0x2000000 0x2A00000
kernel_image=uImage
kernel_size=0x500000
loadbit_addr=0x100000
loadbootenv=fatload mmc 0 ${loadbootenv_addr} ${bootenv}
loadbootenv_addr=0x2000000
mmc_loadbit_fat=echo Loading bitstream from SD/MMC/eMMC to RAM.. && mmcinfo && fatload mmc 0 ${loadbit_addr} ${bitstream_image} && fpga load 0 ${loadbit_addr} ${filesize}
modeboot=sdboot
nandboot=echo Copying Linux from NAND flash to RAM... && nand read 0x3000000 0x100000 ${kernel_size} && nand read 0x2A00000 0x600000 ${devicetree_size} && echo Copying ramdisk... && nand read 0x2000000 0x620000 ${ramdisk_size} && bootm 0x3000000 0x2000000 0x2A00000
norboot=echo Copying Linux from NOR flash to RAM... && cp.b 0xE2100000 0x3000000 ${kernel_size} && cp.b 0xE2600000 0x2A00000 ${devicetree_size} && echo Copying ramdisk... && cp.b 0xE2620000 0x2000000 ${ramdisk_size} && bootm 0x3000000 0x2000000 0x2A00000
qspiboot=echo Copying Linux from QSPI flash to RAM... && sf probe 0 0 0 && sf read 0x3000000 0x100000 ${kernel_size} && sf read 0x2A00000 0x600000 ${devicetree_size} && echo Copying ramdisk... && sf read 0x2000000 0x620000 ${ramdisk_size} && bootm 0x3000000 0x2000000 0x2A00000
ramdisk_image=uramdisk.image.gz
ramdisk_size=0x5E0000
rsa_jtagboot=echo TFTPing Image to RAM... && tftp 0x100000 ${boot_image} && zynqrsa 0x100000 && bootm 0x3000000 0x2000000 0x2A00000
rsa_nandboot=echo Copying Image from NAND flash to RAM... && nand read 0x100000 0x0 ${boot_size} && zynqrsa 0x100000 && bootm 0x3000000 0x2000000 0x2A00000
rsa_norboot=echo Copying Image from NOR flash to RAM... && cp.b 0xE2100000 0x100000 ${boot_size} && zynqrsa 0x100000 && bootm 0x3000000 0x2000000 0x2A00000
rsa_qspiboot=echo Copying Image from QSPI flash to RAM... && sf probe 0 0 0 && sf read 0x100000 0x0 ${boot_size} && zynqrsa 0x100000 && bootm 0x3000000 0x2000000 0x2A00000
rsa_sdboot=echo Copying Image from SD to RAM... && fatload mmc 0 0x100000 ${boot_image} && zynqrsa 0x100000 && bootm 0x3000000 0x2000000 0x2A00000
sdboot=if mmcinfo; then run uenvboot; echo Copying Linux from SD to RAM... && fatload mmc 0 0x3000000 ${kernel_image} && fatload mmc 0 0x2A00000 ${devicetree_image} && fatload mmc 0 0x2000000 ${ramdisk_image} && bootm 0x3000000 0x2000000 0x2A00000; fi
serverip=10.10.70.101
stderr=serial
stdin=serial
stdout=serial
uenvboot=if run loadbootenv; then echo Loaded environment from ${bootenv}; run importbootenv; fi; if test -n $uenvcmd; then echo Running uenvcmd ...; run uenvcmd; fi

Environment size: 3081/131068 bytes
zynq-uboot>


(2014/09/15:追記)
jujurou さんに、”cpu clock freq change”を教えてもらったので、その通りにやってみたら、出まくっていたメッセージが止まって、Ubuntu を使うことが出来るようになった。LANケーブルを接続すると、apt-get update もできた。
ZYBO_EM_Linux_143_140915.png

後でやり方をまとめます。
  1. 2014年09月15日 05:21 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2926-03e08eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)