FC2カウンター FPGAの部屋 ZYBO用Ubuntu Linuxの時計のずれ
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZYBO用Ubuntu Linuxの時計のずれ

ZYBO用Ubuntu14.04LTS の時計がずれて、困っている。
今計測してみたら、NTPで今日の午前4時にZYBOの時計を合わせて、午前5時に date コマンドで確認したところ、午前4時30分だった。1/2進みが遅い。

Linuxの時計の仕組みを調べてみたところ、大体、NTPで時計を合わせろと書いてある。後、adjtimex で合わせろとも書いてあったので、この2つをインストールした。
adjtimex -p の結果を示す。

linaro@linaro-ubuntu-desktop:~$ sudo adjtimex -p
         mode: 0
        offset: 0
    frequency: 0
     maxerror: 1251516
     esterror: 16
       status: 16385
   time_constant: 7
    precision: 1
    tolerance: 32768000
         tick: 10000
     raw time:  1417203572s 868504us = 1417203572.868504

adjtimex -f 667000000 で周波数に667MHzを入れようとしたが、このコマンドを実行して、adjtimex -p で表示した結果は以下の通りだった。
ZYBO_Ubuntu_11_141129.png
frequency の値は、tolerance の値よりも増えないようだ。tolerance はread-only ということで変更できない。
adjtimex -- help の結果を下に示す。

linaro@linaro-ubuntu-desktop:~$ sudo adjtimex --help

Usage: adjtimex  [OPTION]...
Mandatory or optional arguments to long options are mandatory or optional
for short options too.

Get/Set Kernel Time Parameters:
       -p, --print               print values of kernel time variables
       -t, --tick val            set the kernel tick interval in usec
       -f, --frequency newfreq   set system clock frequency offset
       -s, --singleshot adj      slew the system clock by adj usec
       -S, --status val          set kernel clock status
       -R, --reset               reset status after setting parameters
                                 (needed for early kernels)
       -o, --offset adj          add a time offset of adj usec
       -m, --maxerror val        set maximum error (usec)
       -e, --esterror val        set estimated error (usec)
       -T, --timeconstant val    set phase locked loop time constant
       -a, --adjust[=count]      set system clock parameters per CMOS
                                 clock or (with --review) log file
       --force-adjust            override +-1 percent sanity check

Estimate Systematic Drifts:
       -c, --compare[=count]     compare system and CMOS clocks
       -i, --interval tim        set clock comparison interval (sec)
       -l, --log[=file]          log current times to file
       -h, --host timeserver     query the timeserver
       -w, --watch               get current time from user
       -r, --review[=file]       review clock log file, estimate drifts
       -u, --utc                 the CMOS clock is set to UTC
       -d, --directisa           access the CMOS clock directly
       -n, --nointerrupt         bypass the CMOS clock interrupt access method

Informative Output:
           --help                print this help, then exit
       -v, --version             print adjtimex program version, then exit
       -V, --verbose             increase verbosity


次に、”Linux時刻管理の仕組みと設定”が良く書いてあるので、参照した。
sudo hwclock -r
sudo hwclock -r --utc
sudo hwclock -r --localtime

3つのコマンドとも時刻が取れない。
ZYBO_Ubuntu_12_141129.png

カーネルの設定が悪いのか?継続調査中。

ZYBO用Ubuntu Linuxの時計のずれ2(解決編)”に続く。
  1. 2014年11月29日 05:37 |
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2993-1b50b33f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)