FC2カウンター FPGAの部屋 ”WindowsでSynthesijerのsample/benchを試す”を試してみた
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

”WindowsでSynthesijerのsample/benchを試す”を試してみた

最初にSynthesijer の関連資料まとめのページを紹介する。

Synthesijer で1つやってみたいことがある。

それは、いつものラプラシアンフィルタを実装してみたいということだ。Synthesijer にはAXI Master インターフェースを生成する機能は無いので、私の汎用AXI Master Module を使って制御してみたいという希望がある。

今までの結果からして、Sythesijer での実行はかなりクロックを消費してしまうので、ラプラシアンフィルタの演算を1クロックで行える形にHDLにしてくれるかどうかが最大の関心事だ。それがダメでも、消費クロック数分の演算器を並べてもよい。

Javeはあまり書いたことがないので、懸念材料とはなっている。Javaを見てはいるし、Androidのアプリも少しは書いたことがあるのだが、参考書のコールバック・ルーチンを少し変えたくらいなのだ。そこで、”やさしいJava”という参考書を買ったので、勉強しようと思っている。(やることは多すぎるのだが。。。やりたいことは多すぎて時間はとっても足りない。そう今もSynthesijer 、OpenCV のMatの勉強、Vivado HLS のAXI Steramの構築、etc.. を並列に考えている。そうPythonの勉強もあった)

さてその第1段階として、”WindowsでSynthesijerのsample/benchを試す”をやってみることにした。

Cygwin/X のインストール”で、Cygwin/X をインストールしたので、それ上で行う。

GHDL と GTKWaveのインストールは説明通りに行った。

cygwin上で環境変数SYNTHESIJERを設定するが、最初は絶対パスで設定していたが、やはりうまく行かなかった。やはり相対パスで指定する必要がある。現在は.bashrc に下のように記述してある。
export SYNTHESIJER="../../synthesijer-20141211.jar"
Synthesijer_10_141226.png

ディレクトリ構造は、/home/Masaaki の下に、syntheijer ディレクトリを作製して、その下に、lib やsynthesijer-20141211.jar, synthesijer_samples_20141124 を置いている。lib も作った。
Synthesijer_9_141226.png

~/synthesijer/synthesijer_samples_20141124/bench で make した。
Synthesijer_11_141226.png

make ghdl32 した。
Synthesijer_12_141226.png

ghdl -r primesim_top --wave=primesim_top.ghw を行った。時間が掛かった。
Synthesijer_13_141226.png

gtkwave primesim_top.ghw で、GTKWave を立ち上げる。これも時間がかかる。
Synthesijer_14_141226.png
  1. 2014年12月26日 05:52 |
  2. Synthesijer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/3021-9324e78a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)