FC2カウンター FPGAの部屋 SDKにVivado HLSで作製したIPのドライバをインポートする
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

SDKにVivado HLSで作製したIPのドライバをインポートする

いや~。SDKにVivado HLSで作製したIPのドライバをインポートする方法の検索にだいぶ時間がかかってしまった。

Vivado HLSでIPを作製した時に同時に作成されたドライバのLinuxでの使用方法は以下のブログ記事に書いた。
Vivado 2014.4のCドライバーファイル1
Vivado 2014.4のCドライバーファイル2

今回は、ベアメタル・アプリケーションからVivado HLSでIPを作製した時に同時に作成されたドライバを使うことになる。
使用するSDKプロジェクトは、”AXI4-Stream版ラプラシアンフィルタIPのカメラ表示システム6(SDK1)”で生成したSDKプロジェクトだ。
すでに、AXI VDMAを初期化して、カメラ画像を表示する cam_disp_axis プロジェクトは作製してある。
ここに、ラプラシアンフィルタをONするソフトウェアのプロジェクト lap_fil_on を追加した。まだスケルトンに近いが XLap_filter_axis_LookupConfig() や XLap_filter_axis_CfgInitialize() を使用している。
V_ZYBO_CAMD_151_67_150618.png

このプロジェクトをビルドするために、Vivado HLSで作製したIPのドライバをSDKのローカル・リポジトリに追加した。追加してから、BSPを作成しながら、Application Project を新規作成する必要がある。既存のApplication Project があってVivado HLSで作製したIPのドライバをSDKのローカル・リポジトリに追加するという順番ではうまく行かない。何故ならば、BSPを作る時、 libsrc にVivado HLSで作製したIPのドライバが追加されるからだ。必ず順番を守る必要がある。

SDK にVivado HLSで作製したIPのドライバをインポートする方法を見ていこう。

SDK のXilinx Tools メニューからRepositories を選択する。
V_ZYBO_CAMD_151_66_150617.png

Preferences のRepositories 画面が開く。
すでに、Z:\V_ZYBO_CAMDS_151\lap_filter_axis_144 が入っているが、最初は空なのでNew ボタンをクリックして、このフォルダを選択する。
V_ZYBO_CAMD_151_68_150618.png

Z:\V_ZYBO_CAMDS_151\lap_filter_axis_144 フォルダはどうやって作ったかというと、Vivado HLS 2014.4 で作製したラプラシアンフィルタIPのZIPパッケージがVivado_HLS\lap_filter_aixs_2014_4\solution1\impl\ip にできている。Vivado プロジェクトの下に、自分でlap_filter_axis_144 フォルダを作り、そこに、xilinx_com_hls_lap_filter_axis_1_0.zip の中身を解凍した。

C:\Users\Masaaki\Documents\Vivado_HLS\lap_filter_aixs_2014_4\solution1\impl\ip フォルダを下に示す。
V_ZYBO_CAMD_151_69_150618.png

Z:\V_ZYBO_CAMDS_151 フォルダを下に示す。
V_ZYBO_CAMD_151_70_150618.png

Preferences のRepositories 画面は、Apply ボタンをクリックしてから、OKボタンをクリックして閉じておく。

そして、File メニューからNew -> Application Project を選択して、新規作成する。
その際に、前回BSP を作製した時に、IPドライバのリポジトリを追加していない時は必ずBSPを新規作成すること。V_ZYBO_CAMD_151_71_150618.png

すると、BSPの ps7_cortex9_0 -> libsrc の下に、lap_filter_axis_v1_0 が入って、ドライバの関数を使うことができるようになる。
V_ZYBO_CAMD_151_72_150618.png

なお、いつも使うライブラリは、Preferences のRepositories のGlobal Repositories に追加してもよい。
C:\Users\Masaaki\Documents\Vivado\user_repository\MyProcessorIPLib\driversを作製してみた。

参考文献

Importing IP drivers in SDK
Vivado Design Suite Tutorial: High-Level Synthesis UG871 (v 2013.2) June 19, 2013 232ページ ”Step 6: Developing Software and Running it on the ZYNQ System”
sdk 13.2 add custom ip driver
AR# 35443 12.1 EDK - SDK でローカル プロジェクト ディレクトリにあるソフトウェア ドライバー アップデートが検出できない

  1. 2015年06月18日 05:35 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/3180-95df5992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)