FC2カウンター FPGAの部屋 DDR SDRAMコントローラのシミュレーション(FMFライブラリを作る)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

DDR SDRAMコントローラのシミュレーション(FMFライブラリを作る)

Free Model FoundryMT46V16M16のVHDLで書かれたシミュレーションモデルを使用してDDR SDRAMコントローラのシミュレーションをしようと思う。まだ、完全には動作してなくてデータの半分がXになっているが、シミュレーションの仕方やDDR SDRAMのタイミングを説明するために公開しようと思う。どこが悪いかわかった方は教えてください。
まずはModelSim XE�/Starter 6.1e用のcontrollerのコンパイル済みライブラリが入ったDDRtest_IP_061102.ZIPを落としてほしい。
(なお例によって保証はありません。自己責任でお使いください。プロジェクトやファイルは個人的に実験するのみで、商用に使用することや再配布は禁止します。)
最初にFMFライブラリをコンパイルしてModelSimのライブラリに追加してmt46v16m16.vhdをコンパイル出来る環境を整えよう。これは他の場合にも生かすことが出来るはずだ。
mt46v16m16.vhdを見るとFMFライブラリのgen_utilsとconversionsを使用している。よって、少なくともgen_utils.vhdとconversions.vhdをコンパイルしてFMFライブラリを作成しようと思う。
最初にFMF Packages Directoryからgen_utils.vhdとconversions.vhdを落としてDDRtest_IP\simurationフォルダの下にコピーしよう。そうしたらgen_utils.vhdの23~24行目

USE IEEE.VITAL_primitives.ALL;
USE IEEE.VITAL_timing.ALL;



LIBRARY VITAL2000; USE VITAL2000.VITAL_primitives.ALL;
USE VITAL2000.VITAL_timing.ALL;


に変更したほうが良いようなので変更することをお勧めします。(mt46v16m16.vhdはこうしないとコンパイルが通らなかったのでこうしています。)
次に、FMFプロジェクトを作成してライブラリ名をFMFにする。まずはModelSim XE �/Starter 6.1eを起動する。起動したらFileメニュー -> New -> Project...を選ぶ。
DDR_SIM_1_061102.png

現在のプロジェクト閉じるけど、続けますか?というダイアログが出るのでOKボタンをクリック。
DDR_SIM_2_061102.png

Create Projectダイアログが出る。Project Nameをfmfに、Project LocationのBrowse...ボタンをクリックしてDDRtest_IP\simurationを指定する。Default Library Nameにfmfを指定する。これでOKボタンをクリック。
DDR_SIM_3_061102.png

Add items to the Projectダイアログが出るのでAdd Existiong Fileをクリック。
DDR_SIM_4_061102.png

Add file to Projectダイアログが開くのでFile NameのBrowse...ボタンをクリックしてプロジェクトにHDLファイルを追加する。
DDR_SIM_5_061102.png

Select files to add to porjectダイアログが開くのでconvesins.vhdとgen_utils.vhdを選択し、開く(O)ボタンをクリック。
DDR_SIM_6_061102.png

Add file to Projectダイアログが再び開きFile Nameの項目にファイル名が入っているのでOKボタンをクリック。
DDR_SIM_7_061102.png

ModelSimに戻るとconvesins.vhdとgen_utils.vhdがWorkspaceペインのProjectタブに表示されているのに気づくと思う。
DDR_SIM_8_061102.png

次にこれらのファイルをコンパイルしてみよう。ModelSimのWorkspaceペインで右クリックするとメニューが出てくる。そこからCompile -> Compile Order...を選択する。
DDR_SIM_9_061102.png

Compile Orderダイアログが開く。下のAuto Generateボタンをクリックする。
DDR_SIM_10_061102.png

自動的にコンパイルしてくれる。ModelSimに戻るとWorkspaceペインのStatusフィールドにチェックマークがついているのが見えると思う。
DDR_SIM_11_061102.png

これでライブラリのコンパイルは終了した。次はDDR SDRAMコントローラのシミュレーションプロジェクトを作成してfmfライブラリをライブラリ群に追加することにする。
  1. 2006年11月03日 17:02 |
  2. シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/341-1ced3e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)