FC2カウンター FPGAの部屋 Bash on Windows 10にVivado WebPACK 2017.2をインストールした2(日本語表示)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Bash on Windows 10にVivado WebPACK 2017.2をインストールした2(日本語表示)

Bash on Windows 10にVivado WebPACK 2017.2をインストールした”の続き。

前回は、Xmingを起動してから、Bash on Windows 10 からVivado を起動したところ GUI 上でLinux バージョンのVivado を起動することができた。今回は、日本語を表示できるようにしてみた。

Xming の日本語表示についてはXfont をインストールしたり、いろいろとやってみたが、うまく行かなかった。ツィッターで聞いたところ、tethys さんが教えてくれた。ありがとうございました。

その方法は、「 [WSL]BashOnWindows(WSL)のGUIの日本語表示」の Windows10 に入ってる Windows フォントを使う方法だ。
下の2つのコマンドをBash on Windows 10 上で実行する。
sudo ln -s /mnt/c/Windows/Fonts /usr/share/fonts/WindowsFonts
sudo fc-cache -fv

Win10_Ubuntu_Vivado_14_170718.png

その後、vivado を立ち上げたところ、日本語が表示できるようになった。
Win10_Ubuntu_Vivado_15_170718.png

次に、X サーバーだが、Xming だとVivado を立ち上げてもWindow 10 のタスクバーに表示されるアイコンはXming のX のアイコンなのだが、VcXsrv というX サーバーを使用すると、Vivado のアイコンがタスクバーに表示されるようになった。(「WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示させる-Xサーバ VcXsrv」参照)
これも善し悪しで、Windows のアイコンと見分けがつかなくなるという欠点はあるのだが、VcXsrv を使うことにした。

次に日本語入力だが、結論から言うと、GUI 上での日本語入力は諦めて、Windows の方からSublime text 上で日本語入力することにした。
Bash on Windows 10 のroot は「【シェル芸人への道】Bash on Windowsを探検する」によると、

C:\Users\Masaaki\AppData\Local\lxss

にありました。
Win10_Ubuntu_Vivado_16_170719.png

Vivado のトップHDL のあるC:\Users\Masaaki\AppData\Local\lxss\home\marsee\HDL\project_1\project_1.srcs\sources_1\bd\base_zynq\hdl フォルダに行った。
Win10_Ubuntu_Vivado_17_170719.png

base_zynq_wrapper.vhd をWindow 10 上のSublime text で編集し、日本語を書きこんだ。
Win10_Ubuntu_Vivado_18_170719.png

Vivado 2017.2 上でbase_zynq_wrapper.vhd を開いてみると、Sublime text で編集した日本語が表示されている。
Win10_Ubuntu_Vivado_19_170719.png

日本語はWindow 10 上のSublime text で入力してもよいと思った。ただし、入力してもVivado には追加入力されたということを認識できないので、自分で論理合成結果をクリアする必要があるようだ。
  1. 2017年07月19日 05:06 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/3858-71bbccd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)