FC2カウンター FPGAの部屋 Windows 10 fall creators update のWindows Subsystem for Linuxを試してみた2
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Windows 10 fall creators update のWindows Subsystem for Linuxを試してみた2

”Windows 10 fall creators update のWindows Subsystem for Linuxを試してみた”の続き。

Ubuntu16.04にVivado 2016.4をインストール”参照

Vivado 2017.3 をインストールすることにした。
sudo ./Xilinx_Vivado_SDK_2017.3_1005_1_Lin64.bin
Windows_Subsystem4Linux_11_171029.png

Vivado のインストーラーが起動した。
Windows_Subsystem4Linux_12_171029.png

WebPACK をインストールする。
Windows_Subsystem4Linux_13_171029.png

/opt/Xilinx にインストールする。
Windows_Subsystem4Linux_14_171029.png

インストール開始。
Windows_Subsystem4Linux_15_171029.png

.bashrc に追加。
Windows_Subsystem4Linux_16_171029.png

masaaki の chown をした。
Windows_Subsystem4Linux_17_171029.png

Vivado コマンドを実行すると Vivado 2017.3 が起動した。
Windows_Subsystem4Linux_18_171029.png

Zynq のサンプルを起動した。
Windows_Subsystem4Linux_19_171029.png

インプリメントは成功した。
Windows_Subsystem4Linux_20_171029.png

ダウンロード・ケーブルのドライバをインストールした。
Windows_Subsystem4Linux_21_171029.png

実際のプロジェクトをインプリメントしてみることにしたが、Windows でコピー&ペーストしたのでは、Linux として認識できなかった。マウントされたC ドライブからZYBO_0_173_8 を cp コマンドでコピーした。
Windows_Subsystem4Linux_22_171029.png

ZYBO_0_173_8 フォルダをVivado 2017.3 で開いた。
Windows_Subsystem4Linux_23_171029.png

インプリメントが成功したので、SDK を立ち上げたが、make でエラー。make コマンド自体がないとのこと。
Windows_Subsystem4Linux_24_171029.png

make コマンドをインストールした。
Windows_Subsystem4Linux_25_171029.png

make できた。
Windows_Subsystem4Linux_26_171029.png

SDK でProgram FPGAをやってみたが、デバイスが見つからないようだった。デバイスのコンフィギュレーションはできていない。
  1. 2017年10月30日 05:25 |
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/3958-07578aaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)