FC2カウンター FPGAの部屋 Ultra96用Yocto LinuxのMicroSDカードのフォーマット
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ultra96用Yocto LinuxのMicroSDカードのフォーマット

Ultra96用Yocto Linuxのビルド”の続き。

Ultra96 用Yocto Linux のビルドが終了したので、それを保存するためのMicro SD カードを用意する。なお、そのまま行けるかと思ったが zcu102 用なのでUltra96 用に変更しないといけないそうだ。

以前、ZYBO に使用してた 2 つのパーティションがあるMicro SDカードを使用した。パーティションが切ってあっても fdisk を行うので、フォーマットされるので問題ない。

まずは、MircoSD カードをReader/Writer に挿入して、Ubuntu 16.04 の起動しているパソコンにUSBで接続した。
lsblk
を実行した。
Ultra96_Yocto_7_180901.png

sdd がMicroSD カードだった。2 つパーティションがあるので、2 つともアンマウントした。
sudo umount /dev/sdd1/
sudo umount /dev/sdd2/


sudo fdisk /dev/sdd
MicroSD カードが sdd にマウントされていたので、 sdd に対して fdisk を起動した。
p コマンドでディスクの状態を表示した。
Ultra96_Yocto_8_180901.png

d コマンドで 2 つのパーティションを削除した。
p コマンドでディスクの状態を表示した
Ultra96_Yocto_9_180901.png

n コマンドで新しいパーティションを作製した。
p コマンドで primary を指定した。
バーティション番号を 1 とした。
First sector の指定で Enter キーを押した。
Last sector で +100M を入力した。第1パーティションに 100MB の領域を確保した。
Ultra96_Yocto_10_180901.png

n コマンドで新しいパーティションを作製した。
p コマンドで primary を指定した。
バーティション番号を 2 とした。
First sector の指定で Enter キーを押した。
Last sector で Enter キーを押して、MicroSD カードの残りの領域を確保した(7.3GB)。
Ultra96_Yocto_11_180901.png

第 1 パーティションをFAT32 にして、 bootable に設定する。
t コマンドを入力する。
パーティション番号に 1 を指定する。
Partition type に b を指定した。

a コマンドを入力する。
パーティション番号に 1 を入力した。
Ultra96_Yocto_12_180901.png

w コマンドで partition table の変更を保存して終了した。
Ultra96_Yocto_13_180901.png

sudo mkfs.msdos -n ULTRA96_BOOT /dev/sdd1
sdd1 を mkfs.msdos で FAT32 でフォーマットした。
sudo mkfs.ext4 -L ROOT_FS /dev/sdd2
sdd2 を ext4 でフォーマットした。
Ultra96_Yocto_14_180901.png

SD カードのReader/Writer を抜き差しするとマウントした。
ULTRA96_BOOT は ULTRA96_BOO になってしまった。
Ultra96_Yocto_15_180901.png
  1. 2018年09月02日 04:51 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4282-6efb283f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)