FC2カウンター FPGAの部屋 Ubuntu 18.04 にアップグレードしてSDKとSDSoCが動いた
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ubuntu 18.04 にアップグレードしてSDKとSDSoCが動いた

Ubuntu 16.04 をUbuntu 18.04 にアップグレードしてSDK が動かなくなる”の続き。

前回、Ubuntu 16.04 からUbuntu 18.04 にアップグレードすると、Vivado 2018.2 は動いてもSDK が起動画面のスプラッシュ画面でプログレスバーが止まってしまうという現象があって起動できなかった。今回は、そのトラブルシューティングを行った。

SDK が起動画面のスプラッシュ画面でプログレスバーが止まっているところを貼っておく。
Ubuntu18_04_Vivado_1_180915.png

VirtualBox をインストールしてトラブルシュートを図ろうと、”Ubuntu 18.04: 仮想化のVirtualBoxをインストールする”を参考にして、VirtualBox をインストールした。参考文献の通りで見事インストールすることが出来ました。
ただし、ViturlBoxのViturlBox Manager はウインドウを移動できるのだが、Ubuntu 16.04 をインストールしたウインドウは移動できないし、画面のサイズもドラックアンドドロップで変更できない。なぜ?ということで使い勝手が悪い。

ツィッターでの指摘を参考に32ビット版のライブラリの追加をしてみることにした。
検索してみると、”AR# 66184 インストール - Vivado ツールを Linux で実行するために必要なライブラリの検索方法”があったので、それを参考に32ビット版のライブラリの追加をしてみることにした。
それによると次のライブラリを追加する。
sudo apt install lib32stdc++6
sudo apt install libgtk2.0-0:i386
sudo apt install libfontconfig1:i386
sudo apt install libx11-6:i386
sudo apt install libxext6:i386
sudo apt install libxrender1:i386
sudo apt install libsm6:i386
sudo apt install libqtgui4:i386


これで再起動した。
Vivado 2018.2 を起動して、そこからSDK を起動したところ見事起動した。
Ubuntu18_04_Vivado_2_180915.png

SDSoC 2017.4 も起動して、ビルド中だ。(SDx 2017.4 用の settings64.sh は起動してある)
Ubuntu18_04_Vivado_3_180916.png

いろいろとやっていたので、32ビット版ライブラリが聞いたのか?イマイチ不確定なところはあるが、インストールしておいて損は無いと思う。ツィッターでのアドバイスがあってよかった。ありがとうございます。

Ubuntu 18.04 にアップグレードしてから再起動とシャットダウンがうまく行かなくなってしまった。いろいろと不具合はあるし、Xilinxでもツールのサポートもしていないし、まだアップグレードしない方が良いと思う。

(追記)
SDSoC のビルドがものすごく遅いです。使い物にならなそうです。
これは最初のビルドだったからのようです。Debugで試していたのに、Release ではじめにビルドしたからのようです。Debugでビルドしたら28分位で普通でした。
  1. 2018年09月16日 05:27 |
  2. SDK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4298-4ef32825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)