FC2カウンター FPGAの部屋 ” ARRAY_PARTITION COMPLETE has exceeded the threshold (1024)”の解決策
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

” ARRAY_PARTITION COMPLETE has exceeded the threshold (1024)”の解決策

ニューラルネットワークの重みをBRAM じゃなくてLUT にマップしたいというときがありますが、そんな時に1024 以上の配列を array_partition complete するとザイリンクス社のフォーラムの”ARRAY_PARTITION COMPLETE has exceeded the threshold (1024)”の様に、エラーが出てしまいます。

そんな時は、 config_array_partition の maximum_size が 1024 になっているので、これを配列の数に修正すると合成が通ります。ただし、長い時間がかかることを覚悟してください。私はC コードの合成に2日半かかりました。

さて、やり方ですが、Vivado HLS のSolution -> Solution Settings... を選択して、Solution Settings ダイアログを表示します。
config_array_partition_1_190120.png

Command: に config_array_partition を選択して、maximum_size に配列の要素数を入れるとエラーが解消されます。
config_array_partition_3_190120.png

その他、いろいろなオプションを設定できるので、ご覧ください。
  1. 2019年01月30日 23:44 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4428-3ba24b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)