FC2カウンター FPGAの部屋 Ultra96-PYNQをビルドしてみた
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ultra96-PYNQをビルドしてみた

Docker でPetaLinux 2018.2 をインストールする”でDocker でUbuntu 16.04 にVivado 2018.2 をインストールしてPetaLinux 2018.2 をインストールすることができた。これでいよいよ目的だった。Avnet 社のAvnet/Ultra96-PYNQ をインストールすることができる。

最初に ./boot.sh でvivado182ub16 イメージを起動する。
環境を整備する。
source /home/masaaki/Xilinx/Vivado/2018.2/settings64.sh
source /home/masaaki/pkg/petalinux/settings.sh

docker_ce_41_190216.png
docker_ce_42_190216.png

PYNQ ディレクトリを作成し、PYNQ を git clone する。
mkdir PYNQ
cd PYNQ
git clone https://github.com/Xilinx/PYNQ.git PYNQ

docker_ce_43_190216.png

cd PYNQ
git checkout origin/image_v2.3

docker_ce_44_190216.png

cd sdbuild
make checkenv

docker_ce_45_190216.png
docker_ce_46_190216.png

エラー発生。
よく分からないので、PYNQ Image Building の scripts/setup_host.sh を走らせてみよう。
まずは、Ultra96 ボードのBSP をホストからコピーする。
docker ps
docker cp xilinx-ultra96-reva-v2018.2-final.bsp d601aa5658aa:/home/masaaki/PYNQ

docker_ce_47_190216.png

Docker 側にコピーされた。
docker_ce_48_190216.png

./scripts/setup_host.sh
を走らせる。
docker_ce_49_190216.png
docker_ce_50_190216.png

このビルドは成功した。

もう一度
make checkenv
docker_ce_51_190216.png

やはりエラーだった。。。
  1. 2019年02月16日 07:35 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4442-d8c06be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)