FC2カウンター FPGAの部屋 BinaryBrain Version 3 を試してみよう1
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

BinaryBrain Version 3 を試してみよう1

ryuz/BinaryBrain のBinaryBrain Version 3 を試してみよう。
BinaryBrain はFPGA の6 入力LUT を学習させて推論してしまうというネットワークのようだ。こうするととても少ないロジックでネットワークを構成することができる。

早速、環境を構築していく。
私のホストパソコンの ~/Docker ディレクトリに BinaryBrain ディレクトリを生成する。
mkdir BinaryBrain
cd BinaryBrain

BinaryBrain_1_190319.png

BinaryBrain ディレクトリに入って、ryuz/BinaryBrain のBinaryBrain Version 3 を git clone する。
git clone --recursive -b ver3_release https://github.com/ryuz/BinaryBrain.gitBinaryBrain_2_190319.png

cuda:9.1-devel を取って来て、binarybrainc コンテナを起動する。
nvcc も起動したので、BinaryBrain ディレクトリを生成する。
docker run --runtime=nvidia -ti --rm --name binarybrainc --privileged nvidia/cuda:9.1-devel /bin/bash
nvcc --version
mkdir BinaryBrain

BinaryBrain_3_190320.png

他のホストパソコンのターミナルで binarybrainc コンテナのイメージを binarybrain に書き込む。
docker ps
docker commit binarybrainc binarybrain

BinaryBrain_4_190320.png

binarybrainc コンテナに戻って、exit する。
作っておいた boot.sh を起動して、BinaryBrain ディレクトリを見ると、git clone したデータが入っているのが見える。
exit
./boot.sh
ls BinaryBrain/

BinaryBrain_5_190320.png

boot.sh を貼っておく。

docker run --runtime=nvidia -ti --rm --name binarybrainc --privileged -v /home/masaaki/Docker/BinaryBrain/BinaryBrain:/BinaryBrain binarybrain /bin/bash


CUDA 環境をテストすると大丈夫そうだ。
nvidia-smi
nvcc --version

BinaryBrain_6_190320.png

環境を構築していく。
apt update
apt -y upgrade
apt install -y git g++ make wget

BinaryBrain_7_190320.png

コンパイルしよう。
cd BinaryBrain/sample/mnist
make WITH_CUDA=Yes all

BinaryBrain_8_190320.png

エラーになってしまった。エラー内容を貼っておく。

root@6e7457d040c7:/BinaryBrain/sample/mnist# make WITH_CUDA=Yes all
make -C ../../cuda
make[1]: Entering directory '/BinaryBrain/cuda'
nvcc -c -I ../include Manager.cu -o Manager.o
In file included from /usr/include/c++/5/chrono:35:0,
                 from Manager.cu:2:
/usr/include/c++/5/bits/c++0x_warning.h:32:2: error: #error This file requires compiler and library support for the ISO C++ 2011 standard. This support must be enabled with the -std=c++11 or -std=gnu++11 compiler options.
 #error This file requires compiler and library support \
  ^
Makefile:32: recipe for target 'Manager.o' failed
make[1]: *** [Manager.o] Error 1
make[1]: Leaving directory '/BinaryBrain/cuda'
Makefile:68: recipe for target 'bbcu_build' failed
make: *** [bbcu_build] Error 2


CUDAのバージョンが 9.1 なので、-std=c++11 使えということかな?
  1. 2019年03月20日 05:19 |
  2. DNN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4477-e7e5e5f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)