FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado 2018.3 のプロジェクトを Vivado 2019.1 に変換してみた
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado 2018.3 のプロジェクトを Vivado 2019.1 に変換してみた

Vivado 2018.3 の cam_dp_183 プロジェクトをVivado 2019.1 に変換してみた。

まずは、cam_dp_183 をディレクトリごとコピーして、名前を cam_dp_191 に変更した。
vivado2019_1_1_190604.png

Vivado 2019.1 で cam_dp_191/cam_dp_183 プロジェクトを開いて、新しいプロジェクトに変換した。

IP を更新した。自作IP の下の pixel_fifo も更新した。

論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成まで成功した。
vivado2019_1_2_190604.png

Project Summary を示す。
vivado2019_1_3_190604.png

ハードウェアをエクスポートして、SDK を立ち上げた。
vivado2019_1_4_190604.png

cam_dp_wrapper_hw_platform_1 が生成された。

とりあえず、今の所問題なく Vivado 2018.3 のプロジェクトをVivado 2019.1 に変換できた。
  1. 2019年06月04日 05:13 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4544-c06489ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)