FC2カウンター FPGAの部屋 X-fest2007に行ってきた
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

X-fest2007に行ってきた

昨日、X-fest2007に行ってきた。
とてもためになったと思う。
なひたふさんも参加されていたようだ。ぜんぜん気づかなかった。よろしければ、お声掛けください。

聴講してきたのは
1.Spartan3Aコンフィギュレーション技術
BPIコンフィギュレーションはうちのCPLDでやっていることとそっくりだった。さらに複数のコンフィギュレーションを切り替えるところと、ウオッチドックを組み込んでおかしいコンフィギュレーションデータを排除できるところも。
ただし、コンフィギュレーションデータの不正を見るので、動作の不正を見る、うちのシステムとは少し違う。(まだ未実装なのだが。。。)

2.Synplify Premier
論理合成と配置配線を同時に行うツール。配線遅延も考慮して論理合成するので、うたい文句が本当ならば最強かも?
そうならば、ぜひほしいツール、20%品質アップ?

3.FPGAのデバックツール
なひたふさんのところでも書いたが、FPGA内部にMUXを入れているので、その遅延も換算しているのだろうか?
換算していないと、クロック分解能以上に測定できても意味無いような???

4.Virtex5高速シリアルトランシーバ
RXのエラスティク・バッファの位置が8B10Bデコーダより後だった。
前からそうだったけ? そうするとidleデータはKキャラクタでシンボライズされていて、idleキャラクタ用ビットがエラスティク・バッファにあるということかな?
6月22日のTEDのセミナで確認してみよう。

5.メモリコントローラ及びMIG紹介
FLASHとかを説明していたせいか、聞きたかったMIGの説明が少なかった。バンクによってピンが決まってしまうと思ったので、すでに出来ているボードには対応できないときがあるのではないか?
短い時間だからと思うが、その辺の紹介もあったほうがよいと思った。
MIGのピンのポーティングについてはPALTEKさんの資料が詳しい。私はとても素晴らしい資料だと思う。PALTEKさんは日が浅いはずなのに。。。(AVNETさんは、当然素晴らしいが。。。)
でも、PALTEKさんはあまり相手にしてくれない。。。

6.V5のPCIeエンドポイント
コアジェンで、やったこと無かったので、興味深く見た。
でもお手軽Plusはペイロードが512、VCが1では使えなさそう。リードレイテンシを隠蔽するには、VCが2必要?

とてもためになった1日だった。
抽選もやっていたし、I様とお話もしたかったのだが、腕も痛いし、早々に退散。バスもなくなるしね。。。
右腕が使えないので、電車が大変だった。

今日も腕が痛い。ちょうど悪いところを折った。。。
  1. 2007年06月14日 17:22 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/503-f36a687e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)