FC2カウンター FPGAの部屋 キャラクタ・ディスプレイ・コントローラのシミュレーション(Verilog, ModelSim編)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

キャラクタ・ディスプレイ・コントローラのシミュレーション(Verilog, ModelSim編)

キャラクタ・ディスプレイ・コントローラのシミュレーション、飽きたかも知れなけど、今度はVerilog版でModelSimでやってみました。なんといってもフリー版があるので皆さんやって見やすいだろうと思う。WebpackについてきたModelSim 6.2cでやってみた。
実際にやってみるときには、"キャラクタ・ディスプレイ・コントローラのまとめ"からその他のVerlogファイルをダウンロードしてほしい。
テストベンチは”キャラクタ・ディスプレイ・コントローラのシミュレーション”から持ってくる。
ModelSimでのシミュレーションのやり方は以下を参照のこと。
Verilog2001版DDR SDRAMコントローラーのModelSimシミュレーションまとめ1
Verilog2001版DDR SDRAMコントローラーのModelSimシミュレーションまとめ2
シミュレーションを始めるためのコマンドは、”Verilog2001版DDR SDRAMコントローラーのModelSimシミュレーションまとめ2”に書いてあるが、それをキャラクタ・ディスプレイ・コントローラ用に変更したコマンドを下に示す。

vsim -t ps -L unisims_ver work.CharDispCtrler_tb work.glbl


ModelSimのWorkspaceのProjectタブをクリックして表示されるプロジェクトに含まれるVerilogファイルは以下に示す。
CharDisp_ModelSim_Verilog_1_071019.png

つぎにwaveウインドウ。
CharDisp_ModelSim_Verilog_2_071019.png

Transcriptペインはこれ。
CharDisp_ModelSim_Verilog_3_071019.png

'A', 'B', 'C', 'D'に見えないこともないが、つぶれている。これはプロポーショナルフォントであるためだ。これを等幅フォントに設定を変更しよう。
ModelSimのメニューから、Tools -> Edit Preferences... を選択する。
CharDisp_ModelSim_Verilog_4_071019.png

Preferencesダイアログが開くので、下のFont のChange ボタンをクリック。
CharDisp_ModelSim_Verilog_5_071019.png

Fontダイアログが開くので、Fontフィールドで MSゴシックを選択し、OKボタンをクリック。Preferencesダイアログに戻ったらOKボタンをクリック。
CharDisp_ModelSim_Verilog_6_071019.png

等幅フォントに設定したので、ちゃんと'A', 'B', 'C', 'D'にに見えるようになった。
CharDisp_ModelSim_Verilog_7_071019.png
  1. 2007年10月19日 22:19 |
  2. シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/628-f746f1e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)