FC2カウンター FPGAの部屋 FPGA Editorで配置と配線を割り当てる2
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

FPGA Editorで配置と配線を割り当てる2

最初から見る場合は、FPGA Editorで配置と配線を割り当てる1をご覧ください。

次に論理素子の配置だ。まずはList1ウインドウの in をクリックして、次にArray1ウインドウの A28 端子をコントロールキーを押しながらクリック。つまり、2つ同時に選択するわけだ。
FPGA_Editor_Lock_5_071031.png

次に、Toolsメニューから Place -> Manual Place を選択する。
FPGA_Editor_Lock_6_071031.png

そうすると Array1ウインドウの A28 ピンが赤くなり、List1ウインドウに in が A28 に割り当てられたことが表示される。
FPGA_Editor_Lock_7_071031.png

今度は in と接続される line1 を配置する。同様に List1ウインドウから line1 を選択し、コントロールキーを押しながら、SLICE_X1Y159 を選択する。
FPGA_Editor_Lock_8_071031.png

同様に、Toolsメニューから Place -> Manual Place を選択する。そうすると in から line1 スライスまで、配線が引かれる。
FPGA_Editor_Lock_9_071031.png

同様に、line2, line3, out をそれぞれ、SLICE_X1Y158, SLICE_X0Y159, G25 に割り当てる。結果は以下のようになるはず。
FPGA_Editor_Lock_10_071031.png

これで配置と配線は終了した。

またまた、長くなったので、FPGA Editorで配置と配線を割り当てる3に続く。
  1. 2007年10月31日 22:03 |
  2. FPGA Editorの使い方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/642-8de2ad75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)