FC2カウンター FPGAの部屋 ET2005に行ってきました
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ET2005に行ってきました

今日はET2005に行ってきた。
結構盛況だった。始めに気になっていたCQ出版社の新しいボードのプレゼンを聞いてきた。スパルタン3-400と1500の2つのFPGAとCPLDが載っていた。PCIバス、IDE、USB、PS2など1通りそろっている。Xilixのスターターキットよりも決定的にいいと思ったのは、VGAがアナログでDACが点いていることだ。スターターキットはFPGAのピンがそのまま出ているので、8色しかないが、こっちはアナログで出せる。価格は10万円位だそうだ。ちょっと高いかな? 5万円くらいならばそく買いだが。。。
東京エレクトロンデバイスに行って、3.125Gbpsの信号のアイ開口などを見る。良くわからないが、開いているようだ。PCI Expressボードも見る。やはり、マザーによって、相性があるようだ。図研のPCI ExpressのIPなども聞いてきた。後は、電源、DC-DCコンバータを見てきた。小さくて良さそうなのがあったが、ちょっと電流が少ないかも?
XilinxのFPGA、Virex2proはみんなファンが付いていた。念のためつけているそう。MGTを8チャネル使うと、1個200mA~300mAくうらしいので、それだけで1.6W~2.4W食うようだ。これだけでもヒートシンクものだ。
面白そうなのではEden、1GHzプロセッサのマックミニくらいのパソコンがあった。個人的にほしい。
プリント基板の一方の端に大きな2輪のタイヤがついていて、もう一方を上に上げて、2輪で立ったまま動くロボットが会った。なかなか面白い。
その他、一通り見てまわった。

最後に展示している会社でアンケートのおまけにくれる景品。
ET2005_goods.jpg

ノートはActel、ボールペンは左からフリースケール、アジデント、東京エレクトロンデバイス、富士エレクトロニクス。下のLEDライト付きキーホルダはテキサス・インストルメンツ。ポーチは横河。クリーナー(青)はインテル。電卓はARM。
かくして、セールスメールがいっぱい来るようになるのである。
どっかで情報がもれて、マンションの売込みが殺到しないことを祈る。(そんな金は無いのに、だいぶ悩まされたことがある)

------------------------------
そういえば、東芝でCELLチップ、基板、ワークステーション?が展示されていた。あまり良く見なかったので、詳しいことはわからない。
  1. 2005年11月16日 19:12 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

価格は10万円位

閾値をこえています。>PCIバス、IDE、USB、PS2など1通り・・のフリーのIP(CPU?)がついてその値段なら。。。やっぱり高い。PCIが66Mのバスマスターなら適正価格かも。でもやっぱり閾値こえています(~_~;)
  1. 2005/11/17(木) 11:06:28 |
  2. URL |
  3. mfreeman #rQKT5Rcw
  4. [ 編集 ]

PCIはシングル転送といってましたので、ターゲットアクセスだけだと思います。
プロセッサは、XilinxのMicroBlazeをつけるようXilinxと交渉中だそうです。M32(だったと思うんだけど、ルネサス?)のコアのネットリストをつけるそうです。ただし、デバックモード(パソコンとつながっている状態)でしか動かないそうです。これだと、既存のツールが使えるといってました。基板上にはドーターボード用のコネクタも付いていて、プロセッサを載せたカードをさせるそうです。(もっと儲けようということでしょうね)
  1. 2005/11/17(木) 11:59:29 |
  2. URL |
  3. marsee #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/66-05cbf523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)