FC2カウンター FPGAの部屋 Virtex5 XTX ( 6.5Gbpsトランシーバ最大48個搭載のFPGA誕生!)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Virtex5 XTX ( 6.5Gbpsトランシーバ最大48個搭載のFPGA誕生!)

昨日、Xilinxから”6.5Gbpsトランシーバ最大48個搭載のFPGA誕生!”というメールが来ました。
XilinxのVirtex5 TXTが出たそうです。
高速トランシーバならば、AlteraのStartix4が最高 8.5 Gbps で動作する最大 48個の 高速トランシーバ を搭載しているそうですから、Xilinxの方が後手に回っている気がします。おまけにプロセスルールも65nmと40nmの違いもありますし。。。
実際に出てくる時期の違いはどうなんでしょう?Startix4はもう物があるんでしょうか?その点はXilinxの方が早いのかな?
近頃はXilinxよりもAlteraの方が元気があるようで、Alteraが気になってきました。Alteraのツールやデバイスもいじってみようかな?SOPC Builderとかも気になります。
でも、コンフィギュレーションケーブルとかを買わないといけないんですよね。
  1. 2008年09月27日 06:11 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

 こんにちは。
>Startix4はもう物があるんでしょうか?
 まだ、影も形も・・・といったところです。StratixⅢがやっと市場に出てきたところですから。
>コンフィギュレーションケーブルとかを買わないといけないんですよね。
 Terasic社のキットなら、この辺全部込みこみですから、USBに接続するだけです。もっとも、アルテラ社御謹製開発キットとして売られている代物の大半が、Terasic社製のようです。USBブラスター
http://www.terasic.com.tw/cgi-bin/page/archive.pl?Language=English&CategoryNo=39&No=46
純正品は、この価格の5倍ぐらいしますが、結局この会社に作らせてるんじゃないかと・・・。
 ちょっと、お高いですがDE2-70
http://www.terasic.com.tw/cgi-bin/page/archive.pl?Language=English&CategoryNo=39&No=226
なら、ほとんど工作らしい工作をせずに、普通のLinux入りパソコンがすんなり出来てしまいます。SOPC Builder、ちょっと癖の強い部分もありますが、少し手ほどきを受ければ、初心者でもサクサク・・・といったところでしょうか。
  1. 2008/09/27(土) 15:49:42 |
  2. URL |
  3. くり #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

くりさん、こんにちは。

やはりStartix4は影も形もなんですね。。。それじゃ、やはりXとAはいい勝負なのかな?
Terasic社のキット、いいですね。もっと大きい液晶ついたのもありましたよね?
SOPC BuilderもC2Hも興味あるし、もう一度やってみようかな?
MAX+PLUS2以来です。
  1. 2008/09/27(土) 17:40:54 |
  2. URL |
  3. marsee #-
  4. [ 編集 ]

再び、こんばんわ。
>もっと大きい液晶ついたのもありましたよね?
 これですかね。
http://www.terasic.com.tw/cgi-bin/page/archive.pl?Language=English&CategoryNo=39&No=240
 ベース・ボードとして、Cyclone III FPGA スタータ開発キットを使うようです。
http://www.altera.co.jp/products/devkits/altera/kit-cyc3-starter.html
が、アルテラで売られている、
http://www.altera.co.jp/products/devkits/altera/kit-cyc3-embedded.html
をみると、全部、出所はTerasicですね。液晶パネルはタッチ・パネルで、そのまま箱に入れて、ちょっとした計測器ぐらい作れそうです。
 ところで以前、Quartusには、Xilinxで言うところの"Multi Pass Place & Route"に相当する機能はないとのレスを付けたのですが、Quartus外のToolで、Design Space Explorerが似たような役割を持っているようですm__m
http://www.altera.co.jp/literature/hb/qts/qts_qii52008.pdf
 ただ、シードのみならずコンパイラ・オプションも変更するらしく、分散コンピューティング前提みたいに時間の掛かるToolで、私自身は本気で使ったことはないのですが。
  1. 2008/09/27(土) 22:44:23 |
  2. URL |
  3. くり #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

くりさん、こんにちは。

そうです。それです。すごいな~と思ってい見ていました。一応、AlteraのWebセミナや情報なども見ています。しかも安いですね。
Design Space Explorerというのもあるんですね。分散コンピューティングでコンパイルしてくれたらいいなと思っているんですが、いつも使うわけじゃないですから。。。少し動作周波数が足りないときにしか使わないですし、それ以外はソースの修正が必要ですね。
  1. 2008/09/28(日) 06:07:41 |
  2. URL |
  3. marsee #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/894-d89e869d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)