FC2カウンター FPGAの部屋 なひたふさんのところでSpartan3EでDDR2-400動作確認
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

なひたふさんのところでSpartan3EでDDR2-400動作確認

いつものように”なふたふJTAG日記”を見に行ったら、なひたふさんの作っているPCIeの基板でSpartan3EでDDR2-400が動作したと言う記事(Spartan3E+DDR2メモリで400Mbps)を見た。
いや、Spartan3EでDDR2-400行けたなんて凄い。しかもバースト転送も問題ないそうだ。DDR2 SDRAMは、マイクロン社の533MHzのDDR2で、Suzaku-Vについているのと同じものだ。内部クロックでリードデータを受けられていると言うのも凄い。Spartan3Eの限界を超えたオーバークロックのようだ。しかも-4グレードと一番下のスピードグレード。なひたふさんのアイディアの豊富さと技術の確かさ、チャレンジ精神を感じた。

私もSpartan3E Starter Kit でもっとクロックをあげてみようと思ったが、CL=2 では133MHz(DDR-266) だったのでやめた。CL=2.5 だと167MHz(DDR-333)か、こっちのほうが良いかな?
Spartan3A Starter Kit のDDR2 SDRAMも試してみたくなってきた。FPGAの中身を詳しく理解するには限界までチューンすると良くわかってくると思う。
とにかく、今後のなひたふさんの日記に注目しようと思う。
  1. 2009年01月06日 05:13 |
  2. DDR SDRAMコントローラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/999-6781b2cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)