FC2カウンター FPGAの部屋 2010年04月05日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Spartan-6のお勉強2(クロック・マネージメント・テクノロジ)

まずはDCMだが、DCM_SPとDCM_CLKGENがある。
DCM_SPは以前のSpartan-3AのDCM_SPとほとんど変わらないようだ。
DCM_CLKGENがSpartan-6で追加された新しいDCMのようだ。”Spartan-6 FPGAクロック リソース ユーザーズガイド UG382 (v1.3) 2010年2月22日”の63ページのリストを転載する。

• CLKFX および CLKFX180で低出力ジッタ
• CLKIN でのジッタ許容を改善
• M および D 値をダイナミック プログラミング。
CLKFX_MULTIPLY および CLKFX_DIVIDE 属性を上書き し ます。
• 固定 CLKFX_MULTIPLY および CLKFX_DIVIDE 属性よ り 幅広い範囲から M および D 値を指定
• CLKFXDV で CLKFX 出力を追加逓倍
• 入力クロック 損失の場合のフリーランニング オシレータ
• スペクトラム拡散クロック生成


うたい文句通りに受けとれば、今までのDCMの欠点を克服している。
下に、”Spartan-6 FPGAクロック リソース ユーザーズガイド UG382 (v1.3) 2010年2月22日”の57ページのDCMの図を下に示す。
CMT_1_100405.png

PLLは、広範囲の周波数合成とDCMと併用した外部または内部のジッタフィルタに使われるそうだ。PLLはジッタを低減できるので、PCI Expressのカードエッジコネクタからの入力クロックのジッタを低減するので、使用できると思われる。その他、Virtex-5のPLLとどう違うかはよく分からない。

ジッタ低減DCMとPLLはどう使い分けるのかが、まだ良くわからない。

(2010/04/06:追加)
DCM_CLKGENには、CLKFB入力がなかった。これだと、クロック入力パッドからDCMまでの遅延はキャンセルすることが出来ないのだろうか?いろいろ興味がわいていきたので、試しにインプリメントしてみることにする。
  1. 2010年04月05日 20:43 |
  2. Virtex-6, Spartan-6
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つくばでの花見、東京ショッピングツアー

昨日はとても忙しかった。早朝、つくばで花見をして、朝マクドナルドしてから、東京に行った。

つくば市の農林関係の独立行政法人が集まっているところに、桜の花見の名所がある。朝7時に車で出発。車をおいて、歩いて花見をした。
hanami_tokyo_1_100405.jpg
hanami_tokyo_2_100405.jpg

北側の方が7分咲き、南側は5分咲き位だった。来週の方が見頃だろう。
その後、マクドナルドで朝食を取った。その後、すぐに家に帰って支度してから、奥さんと小6の下の娘とTX(つくばエクスプレス)に乗って東京へ。新御徒町で降りて、上野公園まで歩く。途中でアメ横で寄り道。娘は可愛い携帯ストラップを買っていた。
上野公園に行くとお花見ですごい人だった。ココの桜は満開。つくばと東京では、やはり東京の方が暖かいのだろう。
hanami_tokyo_3_100405.jpg

上野公園を歩いて、国立西洋美術館へ。絵を書くのが好きな下の娘に西洋絵画を見せるのが目的だ。
フランク・ブラングィン特別展をしていたので、それも見ることにした。フランク・ブラングィンという人はいろいろなことをやっていた人のようだ。画家、工業デザイナー、etc... 絵は海賊バカニーアという絵と、海の葬送という絵が良かった。これらは大きな絵だった。娘も関心をもって見ているようだった。
特別展を見た後はつかれたので、国立西洋美術館のレストランへ。すいれんという名前のレストランだった。ここにはモネの睡蓮があるので、それにちなんだ名前なのかな?
ランチメニューを頼んだ。フィレステーキ、スープ、サラダ、パン、ハーブティー、桜のアイスで1,600円だった。フィレステーキは美味しかった。ミディアムで頼んだのだが、切ると肉汁たっぷりでとても美味しかった。スープはパプリカのスープ。桜のアイスは桜の葉を細かくしたものが混ざっている感じ。いわば、桜餅のアイス食べている感じだった。残念ながらメインディッシュだけ写真を取るのを忘れてしまった。残念。。。いつも食い気の方が勝ってしまう。どうしたもんか?下は、スープ、サラダの写真。
hanami_tokyo_4_100405.jpg

その後は、常設展をみた。モネの睡蓮やいろいろな絵があった。その中にルノアールも2点ほどあったが、やはり、私はルノアールの色使いが好きだ。
さて、今度は原宿に向かった。原宿の駅を降りる時に、ものすごい人。竹下通りも電車から見るとあふれかえらんばかりの人が。。。駅を降りるのをやめて、もう一度電車に乗って渋谷へ。渋谷で降りて、センター街を歩いているとなんか消防車がいた。火事のようだ。煙は出ていなかったが。。。渋谷は昔々の学生の頃、よく歩いていて土地勘があるのだが、若い女性の店はよく分からない???
もう一度、アメ横に行くことにした。アメ横は服はあっても男性向けが多い。靴屋とかも。私が東京で購入するのだったらアメ横だが、若い女性用ではないようだ。それでも、数件、若い女性向けの店があって、小6の娘がバックや服を買い込んでいた。竹下通り以外に若い女性向けの店はどこにあるんだろう?
それから、また新御徒町まで歩いてTXで帰ってきた。

#今日の教訓は、若い女性の買い物に付き合うのは、結構大変だ。ということだ。選ぶのに時間がかかる。夢中で選んでいたので、じっと道で待っていた。1軒で、こうなのだから、そういう店がずーと並んでいたら。。。今度は、竹下通りにリベンジというときには、私は行かないようにしようと思う。
#自分でも電子パーツや電動工具、木を見ているときは同じような感じなんだと思う。ただ、私は家族がいるときに、夢中になってしまうとまずいので、諦めるが。。。
  1. 2010年04月05日 05:40 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2