FC2カウンター FPGAの部屋 2011年03月01日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

DesignSpark PCB 1.0.3 のチュートリアルを試してみる6(PCB Design4)

DesignSpark PCB 1.0.3 のチュートリアルを試してみる5(PCB Design3)”の続き。

次は、パーツリストを出力しよう。
68.OutputメニューからReports...を選択する。ReportsダイアログでBill of Materialsを選択してRunボタンをルクックする。
DesignSpark_PCB_70_110228.png

69.Excelが立ち上がって、パーツリストが表示された。URLを表示すると、RSコンポーネンツのパーツのページが表示された。これは便利だ。自分でいろいろなレポートが作れるみたいだ。
DesignSpark_PCB_71_110228.png

70.ガーバーやドリルデータを出力させる。OutputメニューからManufacturing Plots...を選択すると、Output Manufacturing Plotsダイアログが出る。Plots:で、0V Plane(Powerplane)と+5V Plane(Powerplane)にチェックを入れて、Plot Previewにもチェックを入れた。Plots:で選んだ項目に対して、真ん中のタブで設定をする。下の図は、Positonタブで、PositonのCenter Plotボタンと、Fit Plotボタンをクリックした状態だ。
DesignSpark_PCB_72_110228.png

71.最初にOptions...ボタンをクリックし、Optionsダイアログを表示して、Warn if no plots include the board outlineのチェックを外す必要があった。(何か間違っているのかも?) (追記:PCBを作ってもらうには基板外形を追加する必要がありました。詳しくは、”DesignSpark PCBでガーバーファイルにBoard Outlinesを追加する”を参照)
DesignSpark_PCB_73_110301.png

72.Manufacturing PlotsダイアログでRunをクリックする。Design_Tutorialが表示された。
DesignSpark_PCB_74_110301.png

73.そのテキストファルに示されたH:\Documents and Settings\All Users\Documents\DesignSpark PCB\Examplesにガーバーファイルが作られていた。(全部作られるみたいだ。)
DesignSpark_PCB_75_110301.png

74.KicadのGerbViewでDesign_Tutorial - Bottom Copper.gbrを見てみた。
DesignSpark_PCB_76_110301.png

ドリルデータが上手くいっているかが良くわからない。Hole32は上手くいっているのだろうか?調査しようと思う。
次は、ライブラリのチュートリアルを見ながらパーツライブラリを作成してみたい。

(2010/3/2:追記)
ドリルデータはGerbViewで見えないそうなので、Gerbvをインストールしてみてみた。hazeziさん、ありがとうございました。
ドリルデータをGerbvで読み込んだら見えました。4隅の取付穴も3.2mmになっているようだった。大丈夫そうだ。
DesignSpark_PCB_77_110302.png
  1. 2011年03月01日 05:50 |
  2. CADツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3