FC2カウンター FPGAの部屋 2011年03月23日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

MicroBlazeクロスコンパイラを試す1(Cygwinでスクリプトを起動するが失敗)

AQUAXIS TECHNOLOGYからMicroBlaze クロスコンパイラ環境生成スクリプトがダウンロードできる。MicroBlazeクロスコンパイラがあれば、SDKが無くても(つまりISE WebPACKでも)Simple MicroBlaze用のコードがコンパイルできるはず。。。ということでMicroBlaze クロスコンパイラ環境生成スクリプトをダウンロードしてやってみた。
ひでみさんのブログも毎日拝見しているが、とてもすごい方だと思う。)

Fedora14で確かめたということだったが、私の環境では、VMWare ServerにUbuntu8.04がインストールされていた。これを10.04にアップグレードしたら、ネットワークがつながらなくなってしまった。もうすでにVMWare Serverは古いようなので、見限って、自分のパソコンにインストールされているCygwinでMicroBlaze クロスコンパイラ環境生成スクリプトを走らせてみた。

Cygwinを起動して、./make_microblaze_gcc を起動した。wgetでパッケージをダウンロードしていた。
MB_CCompiler_1_110322.png

1時間くらいコンパイルしていたが、予想通りにエラーで停止した。
MB_CCompiler_2_110322.png

この時点で、Windows XP 32ビット版の使用メモリは4GB近い。搭載メモリは3GBなので、1GBは仮想メモリに鳴っているはず。とてもWindows XPの動作が鈍い。アプリをすべて落としてもメモリは解放されなかった。仕方が無いので、再起動した。

Cygwinでうまく行かなかったので、すでにインストールされているVMWare Serverでやってみようと思い、インストールされているUbuntu8.04を10.04にアップグレードしたらネットワークがつながらなくなってしまった。もう、VMWare Serverはメンテされていないようのでこの機会に消去して、VMWare PlayerをインストールしてFedora14をインストールしてやってみることにする。
  1. 2011年03月23日 05:35 |
  2. MicroBlazeクロスコンパイラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2