FC2カウンター FPGAの部屋 2013年01月22日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZedBoard用CMOSカメラ回路の作製13(カメラのテストパターンや特殊効果)

今回はカメラのテストパターンや特殊効果を試してみた。

R152(0x98):1から設定する。 このレジスタはビットの [5:3] を設定することで、テストパターンを発生することが出来る。0x00-off, 0x08-by column, 0x10-by row, 0x18-by frame となるそうだ。

・R152(0x98):1 = 0x08 としてみた。
下に、VGA出力の画面を示す。
ZedBoard_Cam_41_130122.jpg

下に、HDMIの画像を示す。
ZedBoard_Cam_42_130122.jpg

VGAとHDMIの画像を見ると一目瞭然に階調が違うことがわかる。

・R152(0x98):1 = 0x10 としてみた。
下にHDMIの画像を示す。
ZedBoard_Cam_43_130122.jpg

・R152(0x98):1 = 0x18 としてみた。
このテストパターンでは、画面が最初は暗くて、時間が経過するごとに、だんだんと明るくなっていく。
ZedBoard_Cam_44_130122.jpg

次に、R164(0xA4):1 の特殊効果をやってみた。[2:0] ビットを指定することで、モノクロームやセピアなどの特殊効果を掛ける事ができる。0x40-disabled, 0x41-monochrome, 0x42-sepia, 0x43-negative, 0x44-solarization with unmodified UV, 0x45-solarization with -UV となるそうだ。

・R164(0xA4):1 = 0x40, disabled(通常の画面)
下にVGAの画面を示す。
ZedBoard_Cam_45_130122.jpg

・R164(0xA4):1 = 0x41, monochrome
下にVGAの画面を示す。
ZedBoard_Cam_46_130122.jpg

・R164(0xA4):1 = 0x42, sepia
目で見るともっと黄色かったのですが、iPhone 4S で撮影した時にホワイトバランスを調整したようです。
ZedBoard_Cam_47_130122.jpg

・R164(0xA4):1 = 0x43, negative
ZedBoard_Cam_48_130122.jpg

・R164(0xA4):1 = 0x44, solarization with unmodified UV
・R164(0xA4):1 = 0x45, solarization with -UV
これらは、元画像とどこが違うのか分からなかったので、省略します。多分、室外で撮影すると違うんじゃないか?と思います。
  1. 2013年01月22日 05:52 |
  2. ZedBoard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4