FC2カウンター FPGAの部屋 2013年07月28日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado IP Integrator のチュートリアル(Lab2)2(Vivado Logic Analyzer)

Vivado IP Integrator のチュートリアル(Lab2)1(SDK)”の続き。

Step 3: Connectto the Vivado Logic Analyzer

26.Vivado の Flow Navigator から Program and Debug -> Open Hardware Session を選択する。
Vivado_IP_Integrator_106_130727.png

27.Hardware Session が開いて、Vivado のGUI が変わってしまった。Open a new hardware target をクリックする。
Vivado_IP_Integrator_107_130727.png

28.New Hardware Target ダイアログが開く。Next>ボタンをクリックした。
Vivado_IP_Integrator_108_130727.png

29.Vivado CSE Server Name を聞かれた。デフォルトのままでNext>ボタンをクリックした。
Vivado_IP_Integrator_109_130727.png

30.Hardware Targetを聞かれる。ZedBoardは登録されていないのか? unknown と出てきてしまう。Next>ボタンをクリックした。
Vivado_IP_Integrator_110_130727.png

31.Hardware Target のFREQUENCY を聞かれるが、デフォルトの6MHzで行くことにした。Next>ボタンをクリックした。
Vivado_IP_Integrator_111_130727.png

32.Open Hardware Target Summary が表示された。Finishボタンをクリックした。
Vivado_IP_Integrator_112_130727.png

33.Hardware ウインドウが表示された。
Vivado_IP_Integrator_113_130727.png

34.Hardware ウインドウで、e Run Trigger Immediate アイコンをクリックした。
Vivado_IP_Integrator_114_130727.png

35.hw_ila_data_1.wcfg が表示された。トリガを掛けていないので、何も表示されていない。
Vivado_IP_Integrator_115_130727.png

36.axi_WVALID のCompare Value をクリックして、Value を 1 に変更した。つまり、axi_WVALIDが 1 になった時にトリガが掛かる。
Vivado_IP_Integrator_116_130727.png

37.axi_WVALID のCompare Value が 1 になった。
Vivado_IP_Integrator_117_130727.png

38.hw_ila_1 の Trigger Pos を 512 に設定する。これで、トリガが掛かった位置が波形の真ん中に来る。
Vivado_IP_Integrator_118_130727.png

39.トリガを設定したので、Hardware ウインドウで、Run Trigger アイコンをクリックして、キャプチャを開始する。
Vivado_IP_Integrator_119_130727.png

40.Hardware ウインドウの hw_ila_1 が Capturing になった。
Vivado_IP_Integrator_120_130727.png

41.SDK に戻り、Resume アイコンをクリックして、ブレークポイントまで進める。
Vivado_IP_Integrator_121_130727.png

42.99行目のブレークポイントまで進んだ。GpioOutputExample() を実行すると、AXIバス・アクセスが発生するので、その先の103行目にブレークポイントを設定する。
Vivado_IP_Integrator_123_130727.png

43.Resume アイコンをクリックして、103行目のブレークポイントまで進める。
Vivado_IP_Integrator_124_130727.png

44.Vivado を見ると、トリガが掛かって、波形が hw_ila_data_1.wcfg に表示された。
Vivado_IP_Integrator_125_130727.png

45.3つのAXI Write アクセスが発生している。AWBURST やAWPORT などの信号は入っていないけど、どうなんだろうか?入らないのか?
Vivado_IP_Integrator_126_130727.png

46.今のブレークポイントまでのTera Term の表示を示す。
Vivado_IP_Integrator_127_130727.png

47.最後までソフトウエアを走らせた時のTera Term の表示を示す。
Vivado_IP_Integrator_128_130727.png
  1. 2013年07月28日 07:25 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5