FC2カウンター FPGAの部屋 2014年08月05日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

明日から仙台に1週間程度滞在します

明日の朝早く仙台に行って、1週間程度滞在します。仙台の方よろしくお願いします。
暇かもしれないで、もし良かったらツイッターなどでお声がけ下さい。

というわけで、一週間程度ブログお休みかも?です。ノートパソコンを持っていくので、向こうでSystemVerilog を勉強して、その成果をブログに書いておこうかとも思っています。
それから、JavaScript勉強会も大詰めなので、その担当パートもやる予定です。

(2014/08/07:娘の手術も無事に終わって1日たちました。心配していた痛みもそれほどではないようでした。後は回復したらつくばに帰ります)
  1. 2014年08月05日 05:11 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZYBO用ビットマップ・ディスプレイ・コントローラの作製6(実機動作)

ZYBO用ビットマップ・ディスプレイ・コントローラの作製5(制約の生成、インプリメント)”の続き。

BUFRからBUFGを通す方法でXGAまではうまく行ったので、書いておこうと思う。

ハードウェアをエクスポートして、SDKを立ち上げる。

・Implemented Design を開いたまま、File メニューから Export -> Export Hardware を選択する。
ZYBO_Bitmap_DispC_113_140802.png

・Export Hardwareダイアログが表示された。OKボタンをクリックした。
ZYBO_Bitmap_DispC_114_140802.png

・File メニューから Launch SDK を選択した。
ZYBO_Bitmap_DispC_115_140802.png

・Lacunch SDKダイアログが表示された。OKボタンをクリックした。
ZYBO_Bitmap_DispC_116_140802.png

・SDKが起動した。V_ZYBO_BMDC_wrapper_hw_platform_0 ができていた。
ZYBO_Bitmap_DispC_117_140802.png

Cプロジェクトを作製する。

・File メニューから New -> Application Project を選択する。
ZYBO_Bitmap_DispC_118_140802.png

・New Project ダイアログが表示された。Project Name に draw_disp と入力して、Next > ボタンをクリックした。
ZYBO_Bitmap_DispC_119_140802.png

・Template では、Empty Application を選択する。Finish ボタンをクリックした。
ZYBO_Bitmap_DispC_120_140802.png

・Project Explorer 上に、 draw_disp, draw_disp_bsp プロジェクトができている。
ZYBO_Bitmap_DispC_121_140802.png

・Cソース・ファイルを生成する。draw_disp -> src フォルダを右クリックして、右クリックメニューから New -> Source File を選択する。
ZYBO_Bitmap_DispC_122_140802.png

・New Source File ダイアログが表示された。Source file に draw_disp.c と入力して、Finish ボタンをクリックした。
ZYBO_Bitmap_DispC_123_140802.png

・XPAR_CHAR_ROM_AXI_LITE_0_S_AXI_RNG00_BASEADDR がエラーだ。

しまった。キャラクタROMのIPをVivado の IPI に入れるを忘れていた。

・Vivado に戻って、char_rom_axi_lite IP をブロック・デザインに入れた。
ZYBO_Bitmap_DispC_125_140802.png

・これで、エラーはなくなった。
ZYBO_Bitmap_DispC_126_140802.png

・ZYBOの電源をONにする。

・SDKのXilinx Tools メニューから Program FPGA を選択し、Zynqをコンフィギュレーションする。

・ Program FPGA ダイアログが表示された。Program ボタンをクリックした。
ZYBO_Bitmap_DispC_127_140802.png

・Zynqのコンフィギュレーションが開始され、終了した。

・draw_disp プロジェクトを右クリックして、右クリックメニューから、Run As -> Run Configurations... を選択する。
ZYBO_Bitmap_DispC_128_140805.png

・Run Configurations ダイアログが表示された。Xilinx C/C++ application (GDB) を右クリックして、右クリックメニューからNew を選択する。

・draw_disp Debug ができた。デフォルトのまま、Run ボタンをクリックした。
ZYBO_Bitmap_DispC_129_140805.png

・プログラムRUNの後のSDK。
ZYBO_Bitmap_DispC_130_140805.png

・800x600のSVGAの表示画面を示す。
ZYBO_Bitmap_DispC_131_140805.jpg

・1024x768のXGAの表示画面を示す。(こっちは一回不安定な時がありました)
ZYBO_Bitmap_DispC_132_140805.jpg
  1. 2014年08月05日 05:05 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0