FC2カウンター FPGAの部屋 2015年02月09日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado HLS 2014.4でラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする3(IP Catalog にVivado HLSのIPを追加)

Vivado HLS 2014.4でラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする2”で、以前からやっているラプラシアンフィルタを Vivado HLS 2014.4 でIP化できた。途中、AXI4バスを生成するディレクティブが変更になっていて戸惑ったが、IP化することができたので、”ZYBO用の Linaro Ubuntu のPL部にカメラ・コントローラを搭載する11(Linuxで確認)”でできたZYBOでカメラ画像を表示するVivado プロジェクトを Vivado 2014.4 にアップデートして、今回作製したVivado HLS 2014.4 のラプラシアンフィルタIPを追加することにした。

最初に、、”ZYBO用の Linaro Ubuntu のPL部にカメラ・コントローラを搭載する11(Linuxで確認)”のブロジェクトを Vivado 2014.4 にアップデートする。

・最初に、V_ZYBO_CAMDfL143 プロジェクトを Vivado 2014.4 で立ちあげて、IPのアップグレードを行った。

・IPのアップグレードはXilinx のIP だけなので、自分で作製したカスタムIPは自動的にアップグレードしてもらえない。

・カスタムIPのアップグレードの手順を示す。
・カメラ・インターフェースIPの mt9d111_inf_axi_master_0 をアップグレードする。

・ブロック・デザインで、mt9d111_inf_axi_master_0 を右クリックして、右クリックメニューから Edit in IP Packager を選択した。
Vivado_HLS_lap_filter_19_150208.png

・Edit in IP Packager の確認ダイアログが出るので、OKボタンをクリックする。
Vivado_HLS_lap_filter_20_150208.png

・mt9d111_inf_axi_master_v1_0_project ブロジェクトが立ち上がった。

・最初に使用しているFIFO のバージョンが古いので、アップグレードを行った。pixel_fifo を右クリックして、右クリックメニューからUpgrade IP... を選択した。
Vivado_HLS_lap_filter_37_150208.png

・Generate Output Products ダイアログが表示された。Generate ボタンをクリックした。
Vivado_HLS_lap_filter_38_150208.png

・pixel_fifo は無事にアップグレードされた。
Vivado_HLS_lap_filter_39_150208.png

・次に、mt9d111_inf_axi_master_v1_0_project のIPをアップグレードする。

・右側のウインドウの Package IP タブで、Review and Package をクリックして、Re-Package IP ボタンをクリックした。
Vivado_HLS_lap_filter_21_150208.png

・mt9d111_inf_axi_master_v1_0_project が終了して、V_ZYBO_CAMDfL143 プロジェクトに戻った。
・IP Status の Rerun をクリックした。
Vivado_HLS_lap_filter_22_150208.png

・すべてのIP がアップグレードされた。
Vivado_HLS_lap_filter_23_150208.png

・次に、Vivado HLS 2014.4 で生成したラプラシアンフィルタIP をV_ZYBO_CAMDfL143 プロジェクトフォルダ内の hls_lap_filter_axim フォルダにコピーした。
Vivado_HLS_lap_filter_24_150208.png

・Flow Navigator の IP Catalog をクリックした。
・右のウインドウにIP Catalog が出るので、どこでも良いから右クリックして、右クリックメニューから IP Setting... を選択した。
Vivado_HLS_lap_filter_25_150208.png

・Project Settings ダイアログが立ち上がった。右のペインからIP を選択した。
・IP Repositories の + アイコンをクリックして、Vivado HLS 2014.4 で生成したラプラシアンフィルタIP を追加する。
Vivado_HLS_lap_filter_26_150208.png

・IP Repositories ダイアログで、先ほどIPをコピーした hls_lap_filter_axim を選択した。(でも、どうやら、V_ZYBO_CAMDfL143 を選択すると下位のフォルダをすべて探索して見つかったIPを登録してくれるようだ)
Vivado_HLS_lap_filter_27_150208.png

・Project Settings ダイアログに lap_filter_axim_hls が追加された。
Vivado_HLS_lap_filter_28_150208.png

・IP Catalog を見ると lap_filter_axim_hls が追加されているのが見えた。
Vivado_HLS_lap_filter_29_150208.png
  1. 2015年02月09日 05:19 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0