FC2カウンター FPGAの部屋 2019年09月02日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ガボールフィルタとラプラシアンを使ってUltra96-V2でカメラ画像をフィルタする1(デバック中)

今まで作ってきたガボールフィルタラプラシアンフィルタを使用して、カメラ画像をリアルタイムにフィルタする回路をUltra96-V2 で作ることにした。

~/HDL/Ultra96/Ultra96V2/cam_dp_V2_183/ ディレクトリの cam_dp_183 プロジェクトをベースに使用する。

そして、cam_dp_183 プロジェクトにラプラシアンフィルタとガボールフィルタを追加したのだが、全く画像が出なかった。それでVivado Analyzer を挿入してどこまで動作しているか確認することにした。なお、Debian 上で起動するアプリケーション・ソフトは作成済みだ。
下にVivado Analyzer を挿入した状態の、ブロックデザインを示す。
cam_dp_V2_filter_1_190830.png

cam_dp_V2_filter_2_190830.png

cam_dp_V2_filter_3_190830.png

Address Editor 画面を示す。
cam_dp_V2_filter_4_190830.png

当初、display 階層の disp_dmar_axis_0 のAXI4 Master インターフェースの ARVALID でトリガをかけていたのだが、トリガが来ることはなかった。これはどういうこと?ということでいろいろと試行錯誤していたのだが、axis_switch_1 に行くべき設定を、axis_switch_0 にしていたバグを発見した。でもこれでARVALID が出ない理由にはならないと思うのだが、いろいろとやってみたことが良かったのか?画像が出るようになった。
だが、カメラ画像とラプラシアンフィルタ画像は出るようになったのだが、ガボールフィルタの画像が出ないで、ほとんど白い画面になってしまう。

カメラ画像を示す。うちの奥さんが写ってしまっている。なお、照明が映り込むので、極端に上面から撮影しているので、写真の下の幅が小さくなっている。
cam_dp_V2_filter_7_190830.jpg

ラプラシアンフィルタ画像、これは問題ない。
cam_dp_V2_filter_8_190830.jpg

ガボールフィルタ画像、真っ白い。ほとんど黒になるはずなんだけど、どこでどうなった?
cam_dp_V2_filter_9_190830.jpg

Vivado Analyzer でみても 0x00ffffff が出力されている。
cam_dp_V2_filter_6_190830.png

slot_1 が入力のAXI4 Stream でガボールフィルタの出力が slot_4 なのだが、ずーと 00ffffff だった。なぜだ。。。
ガボールフィルタはVivado HLS上のC/RTL 協調シミュレーションでも正しい出力が出ていたのだが、どこが悪いんだろうか?

デバック中。
  1. 2019年09月02日 06:11 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0